【聞いて】 弘済園まつり

先日、「90歳の父」の記事を投稿させてもらいましたが・・・

その父と母がデイサービスでお世話になっている弘済園のおまつりが
11月2日に開催されました。

オープニングは、弘済園園長と清原慶子市長のご挨拶、
そして、明星学園の和太鼓部の演奏。

中学生部員のみなさんが元気な演奏を聞かせてくれました。

PAP_0397 (640x480)


全国大会に出る和太鼓部なので、演奏の素晴らしさはもちろんですが、
中学生のみなさんが頑張っている様子は感動的で、
歳のせいか、ちょっとウルウルと来てしまいました。

そのあと、館内で・・・

デイサービスで習っている書道の作品展示を見たり、
介護福祉セミナー「地域での支え合い」のお話を聞いたり。

続いて、体力測定。

90歳、88歳にしては、まずまずの結果だったと思いますが、
片足立ちが3秒しかできなかったことを、母は残念がっていました。
「普段、ズボンは片足立ちではけるのに~」と。

次は、革細工でキーホルダーを作るワークショップ。
傘やキノコ、ハートの形の小さな革に模様を刻印するというもの。

母がひ孫たちの名札を作り始め、私も父と一緒に作りました。
4人のひ孫の名札ができあがった時点で、父が自分の名札も作りたいと。

先日、東社会教育会館の東むらさき学苑(高齢者向け講座)に行った際に、
傘を間違えて持ってきてしまったそうで。
「名札があれば、これからは間違うことはないので安心」としきりに言っていました。

仕上げは、スタッフの方がしてくださったので、こんな素敵な名札が
できあがりました。

PAP_0395 (640x481)


昼食は、模擬店で焼きそばや豚汁などを買って、青空の下でいただきました。
そのあと、全体を一回りして、帰ってきました。

盛り沢山のプログラムでしたので、すべてに参加することはできませんでしたが
3人で楽しい時間を過ごすことができました。

この日、私にとって一番良かったこと。

普段、お世話になっているデイサービスのスタッフのみなさまや
ケアマネージャーさんにご挨拶ができ、両親の様子を聞いたり、
今後のことをご相談できたこと。

この日、一番驚いたこと。

沢山のボランティアの方が活躍されていたこと。
若い方たちも沢山、お手伝いをされていました。
それもみなさん、とびっきりの笑顔で。

とっても気持ちのいいお祭りでした。

また来年も両親と3人で参加できますように。

記/りえぞん
関連記事
スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • ホームページアドレス
  • コメント内容
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://mitakanfs.blog.fc2.com/tb.php/87-f2d85345