【聞いて】「暮らしの保健室」~ちょっとした不安に寄り添う

「暮らしの保健室」~ちょっとした不安に寄り添う

専門的な相談から、世間話まで
 厚生労働省が推進する地域包括ケアシステムの柱として期待される「在宅医療連携拠点事業」
 2011~2013に前出の事業に選ばれた、東新宿の戸山ハイツにある暮らしの保健室を訪ねた。看護師・栄養士・薬剤師といった専門職から、話し相手のボランティアまでが来訪者を迎え、平日の日中ならばほぼオープン。地域ぐるみで支え合う場所がそこにはあった。

CIMG0029.jpg
木の質感が生かされた造り。窓が大きく開放的な印象を受けた。

 10時半に来訪したわたし達にお茶とアンケートが差し出された。
 アンケートの項目は、来訪の目的、どこで知ったか等で、なるほどこのアンケートで誰がどのように対応するのかを判断するのだろう。データを蓄積する意図もあるのだろうが、多くの来訪者に最適な対応をするための工夫だ。
 わたし達は、医療・介護相談ではなく、会話と見学に来たことを記入した。

さ7
室内奥から玄関方向を見る。天井が工夫されている。

 「木材と間接照明、全体は球形をイメージして設計しています。」と看護師で設立者の秋山さんが話すように、この場所にいると木の温もりと柔らかい光、包み込まれるように穏やかな気持ちになる。
 部屋内は大きく3つに分かれる。
 まず中央の広いスペース。日常の集いや勉強会に使われる。2つめは個別相談室。可動式のしきりでプライバシーへの配慮がある。もう1つの相談室は畳のベンチ型で「和風居酒屋みたいでしょ。畳がいい人もいるのよ」。他に広いお手洗い、シャワー、ベッドがある。場所全体がバリアフリーな設計となっている。
 
ボランティアは楽しみながら
 話し相手やお茶出しのボランティアは30人が交代で常駐している。
 この日は、ボランティア歴20年のTさんと3年のAさんの2人に迎えていただいた。
 Tさんは、十六期続く聞き書き養成講座の一期生(白十字在宅ボランティアの会主催の講座)。「聞き書きも暮らしの保健室も、いろいろな方のお話しを聞けるのが、わたし自身楽しいんです。」棚に聞き書きで作られた冊子が何冊も置かれていた。ボランティアが作ったものもあれば、家族が聞き書きをしたものもあるという。冊子を開くと文字、写真の量がさまざまで、冒険小説さながらのものもある。「ご本人の言葉を生かしながら、見てきたように」書くのがコツだそうで、聞き書きの奥深さを知った。
 
さ6
棚の下段に聞き書きで作られた冊子が置かれている。

 Tさんに1日の来訪者の平均を尋ねるとうーんと考え、「4,5人」。毎週行われている料理教室や手のマッサージの日は多くの来訪があるので平均するのは難しいようだ。2人のボランティアとの会話は楽しく、とても安らぐ。ふと専門的な話題に触れようとすると、ゆっくりと口に指をあて、「あちらへ」というように看護師を示した。

さ1
「あちら」では、同行した佐藤さんが看護師さんとインターネットを見ていた。
認知症と診断されてから10年になる佐藤さん。認知症とうまく付き合う秘訣は「人と会うこと」とのこと。


 各専門機関との連携を見据えた医療・介護・生活相談に加えて、地域の拠点としての機能も果たす暮らしの保健室。ちょっとした不安に寄り添う、大きな心強い存在である。(記/テレビ前)

詳細 暮らしの保健室フェイスブック ←クリックで見れます




おまけ
さ8
畳のベンチ。まさしく和風居酒屋。とりあえず生である。

CIMG9992.jpg
右の手芸品はここで作ったり、頂いたもの。手芸を楽しみに来る方もいる。
左には、地域の通信や催し物の案内がずらりと並ぶ。

さ2
最後に本邦初公開(かもしれない)
先週の料理教室の献立は、お赤飯、赤だしカニ汁、玉子とじ(にんじん、玉ねぎ、ほたて、モロヘイヤ)、高野とうふ、きゅうりの中華風漬物。


…居酒屋じゃなくて、料亭でした (*˘︶˘*).。.:*♡
関連記事
スポンサーサイト

コメント

>30人以上の協力者を持てるのは行政の看板なのか、それとも中心人物のリーダーシップの効果なのか、と思いました。<

設立者の秋山さんの魅力が大きいかもしれません。2001年から新宿で訪問看護事業を行い、地域の在宅医療を支えている実績もあります。看取りを終えた家族がボランティアをするサイクルもあるそうです。

常連さんはいるようですよ。
「いつもの」というとお茶がでます。
(みんな同じ (*˘︶˘*).。.:*♡)
2014/ 10/ 03( 金) 08: 15: 14| URL| テレビ前# jr4Sll1s[ 編集 ]
 
おはようございます。
明るい良いレポートになっていますね。行政も良いことやっているじゃないですか。30人以上の協力者を持てるのは行政の看板なのか、それとも中心人物のリーダーシップの効果なのか、と思いました。
聞き書きにも興味あります。以前テープ起こしで面白いと思ったことを思い出しましたよ。
居酒屋ならポイントは常連さんですがここはどうでしょう。
2014/ 10/ 03( 金) 06: 54: 28| URL| てんしん# -[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • ホームページアドレス
  • コメント内容
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://mitakanfs.blog.fc2.com/tb.php/77-df136337