【投稿】 女性版"地域活動を始めるにあたって”

 みなさま、地域活動を始める方のための心得10カ条(男性版1~5カ条)を興味深く拝見しました。
 女性版・・・とのご依頼を受けましたが、これは難しいです。女性は心得を肝に銘じて活動するという入り方ではなく、自分の経験や思いを基に自然に活動していく方が多いせいでしょうか? 例えば、介護を体験したからこそ介護に関わるボランティアをしたい、子育ての大変さを知っているからこそママさんのサポートをしたい、という具合です。
  そこで、私が好きなボランティアの心得「ボランティア・あいうえお」というものがありますのでご紹介します。
あ・・・明るく
い・・・いきいきと
う・・・美しく
え・・・笑顔で
お・・・おもしろおかしく
 シンプルでわかりやすいですよね。わたしは最後の「おもしろおかしく」が気に入っています。
 ボランティアや市民活動は敷居が高いと敬遠されがちですが、関わる方が楽しんで活動することは長続きのコツでもあり、ボランティアの輪が広がる可能性を高めると思います。 記/kujira
関連記事
スポンサーサイト
 

コメント

そう僕も女性っていいなって思いました(破顔一笑)
なーんか、女性は活動そのものを楽しんで、男性は成果を求める一面があるように感じます。これも賛成。だから、男性は、よく意見ちがいで衝突するのかしら?ところで、マララ・ユスフザイさんは、明るく、いきいきと、美しく、笑顔でと、あいうえ迄を完全に満たしていますね。最後の”お”だけはちょっと違いますが。おもしろおかしくではなく、いのちがけですから。
2014/ 10/ 13( 月) 15: 40: 45| URL| のらくろ君# -[ 編集 ]
 
女性っていいなって思いました(笑)
それに比べて男性は…、色々と肝に銘じる必要がある人が多いのかも(汗)
なーんか、女性は活動そのものを楽しんで、男性は成果を求める一面があるように感じます。
2014/ 10/ 03( 金) 01: 19: 22| URL| E-テレビ# jr4Sll1s[ 編集 ]
 
おはようございます。面白く読ませて頂きました。
陽気に、元気に、生き生きと・・は子供のころから
一つの指針でした。地域のための、ひいては己に戻るのですが、活動に男女分けなくともよいと思いますが、女性らしいことなにかを考えてみると、華であり人集めに必ず必要と思います。(内閣の例)
さらに「グループ」が集まって大きなグループになっていると見えるので(偏見かなあ・)グループ力として活かすと更に力を出す。
誘われたら迷わず参加が自然な入門のかたちでしょうか。「何事も迷ったときはまず出席・・」です。
ああ、これは往復ハガキのことでした。失礼。
2014/ 10/ 01( 水) 09: 12: 35| URL| てんしん# -[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • ホームページアドレス
  • コメント内容
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://mitakanfs.blog.fc2.com/tb.php/76-81c1a921