認知症サポーター養成講座の報告

 8月16日(土)午後2時~3時半に三鷹市・市民協働センターで開催した「認知症サポーター養成講座 ~認知症にやさしい街 三鷹をめざして~ 」(主催:みたかNFS)のご報告です。お盆期間にもかかわらず27人の出席者があり、市民協働センターの第2会議室はほぼ満杯でした。

CIMG0064a.jpg
わかりやすくご説明いただきました

  講師は西部地域包括支援センターの服部将志先生、演題は「認知症を知ろう !! 」で した。パワーポイントを使って、先ず “高齢化と認知症の現状”、続いて ”認知症とはどういうものか” のやさしく行き届いた解説があり、認知症になった場合の対処法に触れた後、”認知症の人・家族をみんなで支える地域を作りましょう!” というスライドで結ばれました。このすばらしい講演の後、参会者全員にオレンジリングをお渡ししました。なお、今回の講座開催は石原ひさし・静佳様ご夫妻(下連雀在住)のご尽力により可能になりました。一言お礼申し上げます。(石村 記)

関連記事
スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • ホームページアドレス
  • コメント内容
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://mitakanfs.blog.fc2.com/tb.php/39-f24dec32