「認知症の妻(P子)と生きる」 7/21~

キーやんが綴る妻P子との日々 < 2014年7月21日~31日 >
2014/ 07/ 21(月) お父さんと自分の家を覚えていた(^^)/
昨日は一時帰宅の日曜日、毎日のルーチンを終えて帰宅。玄関を上がらせたらP子は自ら部屋に入りました。僕がお父さんの遺影を指差して「お父さんだね!」と話し掛けると「そうだよ~!」と語尾を上げての発語に先週のことの不安が消え、また、先週とはまったく違った穏やかで落ち着いて顔の表情も明るいP子に嬉しくなりました。帰園してからも同じでした(^^)/
それと、帰園して僕が体の異変を感じてベットに寝ていると、「大丈夫?」と発語して心配そうに2回ぞき込み離れません。僕に気を遣う心は度々ありましたが「思いやる心」もシッカリ残っていると確信しました。

体が重かったのですが、番組はシッカリ見て、認知症800万人時代の項目にコメントを入れました。

(NHKスペシャル 認知症をくい止めろを観て)
今までの認知症番組は聞き流すことが多かったけど、昨日は目を話さずに見入り、嬉しい内容でした。
P子の病状を対象として観ると「脳の糖尿病」と「ニュマニチュード」と「ストレスホルモン」は、今、僕が実践していることでありの励みになりました。
重度のP子が穏やかに過ごしているのは、P子の優しい性格もあるけど、毎日P子と向き合って普通に繰り返し行っているルーチンワークに拠るものだと自信を持ち深めました。
次は、P子の失われた脳の指令機能の回復に向けて、「探りの一喜一憂」の模索を続けます。P子の見せてくれる所作が励みです。

2014/ 07/ 22(火) 顔を合わせると笑顔に!安心(^^)
心配はありましたが昨夜から少し強い睡眠剤に換えました。
目的は20時頃に睡眠導入剤と睡眠剤と飲んで就眠、午前1時頃から寝たり起きたりの繰り返しと自室内を徘徊をして、日中の傾眠が頻繁に見られることが再び感じる様になったからの判断です。
以前(入所して間もなくの頃と暫くしての2回)にスッタフに相談しましたが、応じることはなく「生活環境が変わったことに拠る不安からかも知れないので様子を観察しましょう。」でした。
今回は「園生活に慣れて落ち着いて来たのでナースに相談してみます。」と言っての睡眠剤の変更です。対応と処置に納得してます。

昨日のP子はよく寝たのか、スタッフの朝のトイレ介助・朝食介助の時の声掛けの反応が良く「ありがとう!」「分かったよ!」「終わったよ!」等の発語がハッキリと出て、自分の意志表現もいつもより出たようです(^^)/
自室に戻り、いつものルーチンをしながらの声掛けの対応がスムーズで笑顔・笑い・一人お喋り・僕を思いやる言葉「大丈夫」が出て嬉しい時間を過ごしました(^_^)v
今日も薬の副作用がなく、ニコニコP子であることを願ってます。

夕刻、P子にとってはチョットしたサプライズを求めに街に出ました。
美味しそうにビールを飲む姿を横目に目的を済ますと帰宅。
誘惑に負けないキーやんになりました(^^;)

2014/ 07/ 23(水) ハプニングに涙
昨朝、突然の腰痛に寝たきり状態になりP子を訪問できませんでした(>_<)  
近くの整形外科に痛みに耐えて耐えて行って診察・注射をして安静をしてました。
夕方、痛みは残り動作もぎこちないですが歩ける様になったので、今朝は座薬をして様子を見てP子を訪ね様と思っています。
あずましの輪のお弁当に助けられました。

皆さん~、明日は何が起こるか分かりません。特に歳を重ねると!
今日しなければならないことは、今日に済まして有意義な一日を過ごし、明日を迎えましょう!
明日は我が身ですよ~(^_^;)

2014/ 07/ 24(木) P子は笑顔と茶目っ気復活で先ずは安心!
昨日は、20日の夜から換えた睡眠剤に因る影響(副作用)が心配で、腰の痛さを我慢して1時間程遅くP子を訪ねました。
先ず、スタッフに睡眠状態と日中の様子を聞くと「22日と変わらず穏やかで歩き回り、ご飯時の傾眠はなく、笑顔も出て、受け答えも出て、便も出て」(笑い)との話に一安心二安心。
訪問前に入浴していたP子が風呂から上がってきた顔が明るく見えました。しかし、近寄って顔を近づけて「P子さん~おはよう~!」の声掛けには鼻を少し上げて不満気味に口をつぐむ、「どうしたの?遅かったから?」と聞くと茶目っ気にニッコリ。昨日来なかったことは忘れているよう(^_^;)
この日は、いつも以上に明るく行動も活発で、僕への気遣いも出て楽しい見守りでした。
その上午後、訪問マッサージを始めるに当たってマッサージ師が「これからP子さんの手と肩を触らせて頂きます。」の問い掛けに「いやです!」と冗談に答えて笑い、マッサージ師もビックリ!。昔の茶目っ気が復活か~!(^^)/
分け合って食べる持ち込みおやつがことのほか美味しかったです。
しかし、薬の副作用は一日・二日ではとの思いで要観察です。
でも、あ~!腰が痛~い!

持ち込みおやつを半ばして食べるもう一つの理由は、食あたり防止の手立ての為でもあります。

2014/ 07/ 25(金) ままならぬ腰痛に(>_<) しかし、喜びは痛みの後に来る
昨日の体は腰痛の痛さで50%程の稼働、気持ちも訪P子するかしないか50%の分かれ目、しかし時間が経つにつれてP子の睡眠剤換えの様子が気になる思いが強まり訪P子して昼間一緒に過ごしました。
着いて直ぐスッタフに睡眠と排便のことを聞くと「よく寝ていた様ですが朝食は傾眠が見られ半分程しか食べませんでした」お通じは両手をすくう様なジェスチャーをして「たんまり出ました」と笑顔で話され、僕の顔はほころぶ(^_^)v
フロアーのソファーで傾眠しているP子の顔を覗き込み「P子さんおはよう~」と声を掛けると笑顔。僕が茂徳さんであることは分かっている様でニッコリ

いつものルーチンをしている時も傾眠が見られるので睡眠剤を換えたことの影響かと心配。(薬を換えてからの初めての傾眠)
でもルーチンを終わってからは昨日と同じ様に明るく茶目っ気のあるP子となりニッコリ

ルーチンをしている時にP子に「茂徳さん腰痛で腰が痛いよ~」話していて、ルーチンを終わって暫くして腰の痛さでベッドに横たわっていると、ウロウロと部屋を歩き回っていたP子がベッドの側に寄って僕を覗き込み「無理しちゃダメよ!」のいたわりの言葉、僕は嬉しくてベッドから起き上がりP子を抱きしめたら、なんとP子も両手で抱いてくれました。
入所前のP子から思いも因らない感情の復活です。
夫婦と分かっているのかな~?涙が出る程嬉しかったです(^^)

2014/ 07/ 26(土) そうめん流しにキーやんはしゃぐ!
腰痛の痛さで座る・立つの動作がままならないのに何故かそうめん流しの時はP子さんよりはしゃぐ(^_^;)
そうめん流しは1Fのテラスをシートで全面日除けをしていたので猛暑での中暑さを忘れる。虫除け対策もバッチリ!裏方さんに感謝!です。
僕を入れて3名程の家族と事務員さんもお手伝い、「ハ~イ!流しま~す!」の声に、素晴らしいアイデアの竹で作った先割れお玉を使って流れてきたそうめんをなんとかすくってお椀に、食べてる顔は皆さんほころんでました。
僕達お手伝い3人組もすくえない方達にすくって差し上げる。「○○さんはP子さん専属で良いよ!」の言葉に甘えて食介をしないと食べることの出来ないP子と隣と前に座っている方のお世話をしながら流れてくるそうめんをすくっては食べすくっては食べ、そう上お昼の料理も完食して大満足、最後に缶詰のサクランボとミカンが流れてきて皆さん大はしゃぎ(^^)/

13:30から30分間程、P子特別の音楽療法、手の動きは今一でしたが足は自分でリズムを取り、間違ったら自分で修正するのには驚きました。
脳から手の指令は細っているが、足への指令は生きているな!感じました。

その他、ヨーグルトを食べさせる介助が早いので口をつぐんで怒ってみせるとか幾つかの拒否的仕草が見られましたが、笑い、一人お喋り、短い会話が出て楽しく過ごした一日でした(^_^)v

2014/ 07/ 27(日) 朝、再びダウン。午後前、回復!
朝起きてからジワジワと腰に違和感、朝食を終える頃には伝い歩きとなって片付けもせず横になってダウン(>_<)
お昼前には痛みはあるが歩くことはなんとかOK(^^;)
気になる用事を済まして(用事で出掛けている時に嬉しい偶然の出会いもありました)、16時過ぎに訪P子、いつもと変わらない様子でフロアーをウロウロ、排便も心配なし。顔を合わせるとニッコリ。いつものルーチンをしている時、笑顔も出て僕の大きなオナラにP子は爆笑!。右手を下に伸ばしてで何か摑もうとしながら一人お喋りを繰り返す。お喋りの内容を聞こうとするが言葉になってなく解読不能(>_<)
腰の痛さにベッドに寝ていると「大丈夫?」と言って覗き込む。
北海道の姉の○○ちゃんからP子さんが好きだったトウモロコシとメロンが届いたよ。明日藤沢の妹の○○ちゃんが来るから一緒に食べようねと話すと、顔を前に出して最上級の笑顔でニッコリ。
17:40頃から夕食介助と歯磨きをして18:40頃フロアーに出て「P子さん~帰るからね~!」と声掛けすると「私、どうしたら良いの?」と言って不満と不安げに付いてくる。「みんなと一緒にいるから大丈夫だよ!明日来るから!」と両手を取って頷きながら話し掛けてスタッフに預け帰宅。
腰の痛さに参りましたが、一緒の時間は気持ちの薬になりました。

2014/ 07/ 28(月) 妹来宅に…
腰痛が続く(>_<)
フロアーをウロウロしているP子に離れているところから声掛けすると近づく前に振り向いてニッコリ!
この何ヶ月もなかった動作に嬉しさのハグ、ハグは返してもらえなかったけどニッコリ(^^)

お昼前に帰宅。僕が「P子さんの家だよ!お父さんだよ!」と語り掛ける前に自分の家であること、お父さんの遺影を見て父親であることを分かり、余りウロウロせずに椅子に座っている。落ち着いているように感じた。

姉から送ってきたトウモロコシをチンをしてほぐして、「姉さんがP子さんが好きだったことを思い出して送ってきた北海道のトウモロコシだよ!」と言ってスプーンで口に運ぶと「美味しい!」と言いながら半分以上を嬉しそうにペロリ!P子にとっては今年初物!

妹が来宅したときタイミング良く玄関で出迎え、妹の「Pちゃん~!」の呼び掛けに顔をジーと見て一間置いてニッコリ!。それからは姉としての振る舞いが垣間見られた(^^)
カフェ○ちゃんのオーガニックベジタブル料理を食べながら妹と僕のお喋りが続きP子には聞きながら料理とケーキをパクリ・(間を置いて)・パクリと介助。
2時過ぎに出た三鷹大雨注意報に慌てて帰り支度。妹を三鷹駅に送っての園への帰り車の中で「うるさかったね!」とポツリ。
ヒョッとして僕にありがとう~!の感謝の言葉かな(^_^;)
帰園後も笑顔が出て穏やか、安心して帰宅できました。

2014/ 07/ 29(火) P子は自分の世界で
腰の痛さは治らないけど歩くことはまともになりました。
昨日のP子は「P子さん~おはよう~!」の声掛けに返事なし、僕を分かっている様だが元気がく大人しいが落ち着きがない。午後から少し元気は出たが、自分の世界で過ごしているよう。
ルーチンの時も一人お喋りは出るが話し掛けの反応は少なく目をつぶりされるがままの状態。お昼ご飯も傾眠を繰り返し時間を掛けて完食。
廊下散歩の時、歩行はシッカリしているが体が左に傾き不安定。また声掛けをしてくれる方達への笑顔はなく見つめているだけ。
帰宅の声掛けにも反応を見せず、何がそうさせているのか原因の糸口さえも掴めないままで気になって過ごした一日でした(^^;)

2014/ 07/ 30(水) 明るいP子から一転不安P子に
昨日はお掃除ボラさんお掃除の日、12時過ぎに訪P子、朝排便はOK、既に入浴を済ませて食事介助も終わり僕の声掛けに笑顔。お昼は鰻めしでした。
前日と違って明るいP子(^^)
自室に戻りルーチンを終えて、「腰が痛いのよ~!」と言ってベッドに横になっていると「どうしたの?大丈夫!」言って覗き込む。P子の心配お顔に起き上がり「大丈夫!今日帰りにお医者さんに行ってくるから」と言ってガッツポーズを取って見せ、ハグして陽気ポーズで廊下散歩に。
歩きながら「私、どうしたらいいの?」を断続的に繰り返し不安症状が出る。その度、言葉を換えてP子を励ますが不安症状は帰宅前まで続く。帰宅を話したときは黙って見つめて見送ってくれたのに安堵。
P子の思いやる心は大きく残っているのを実感し、心配事をP子に話すのは控えなければと思いました。

4年前の描いて頂いた二人の似顔絵を額にしてP子この部屋に飾りました。
P子は美人顔、僕はおじさん顔に、二人とも笑ってしましました。

2014/ 07/ 31(木) ココナッツオイルの嬉しい効果か?
昨日の訪問時、フロアーの長椅子に座っているP子さんに離れた所から「P子さん~おはよう~!」と声掛けをするとゆっくり僕の方に振り向いてニッコリ。
聴覚・視覚・識別の能力、そして前日コメントした思いやる心も回復している様に感じる。
されるままの状態から一歩も二歩も先進か(^_^)v

午後訪問マッサージ。マッサージを始めて少しして彼女がP子に「P子さん~、これから左腕を大きく回しますよ。ご協力をお願いします」と声掛けして回し始めるとアレ!という顔付きで「P子さんの意志と動作が合っていますよ!」と僕に話し掛け。
P子は今、自分が何をされているかが分かっていて、声掛けを理解して、判断して、行動するP子の力を改めて確認した。

上記二つのことはヒョッ!としたらココナッツオイルと毎日の手もみ足もみ頭マッサージと散歩の効果かな!特にココナッツオイル?
P子がココナッツオイルを飲み始めて一年が経過(2013.7.7開始)、入所(2013.9.11)前のP子の顔写真の“助けて~!”というと無表情な顔とまったく違っていて顔に意志が表れている。そして発語は困難だけど短い会話を楽しむことは出来る。
ただ運動能力は衰えてきている様に感じる。

15:30に園の地震防災訓練、P子と参加して帰宅。園では結構頻繁に防災訓練を行っている。
P子はこの時間頃のなると僕が帰ることを感じているのか穏やかな顔付きで僕を見つめる。
P子さん~明日また来るからね~!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

昨日は一時帰宅の日。
朝フロアーをウロウロしているP子に声を掛けてもチラッと見つめるだけ、いつものルーチンの時も殆ど目を瞑って喜ぶでもなく嫌がるでもなくされるがままに(^^;)
しかし自宅に帰り、先ずお父さんの遺影を見せると「お父さんだ~!」と笑顔。その後活発に歩き回り、台所へ・洗面所へ・風呂場の中へと歩き回る。お昼もおやつも笑顔で食べ一人お喋りも活発、「茂德さん~」と呼ぶ声もよく出て短い会話も(^^)/
台風の影響で早めに園に帰ろうとして「P子さん、雨が止んでるから帰ろうか?」と言って両手を持って合図すると引っ張り返し首を横に振っておどけた様な顔でニヤリ!暫くして帰りを促すと渋々立ち上がり帰り支度。車の中では不機嫌、しかし帰園してスッタフに合うと愛想笑いかニッコリ。
自室に戻ると午前中の様なチョットよそよそしさを感じるP子に戻る(^^;)
ヒョッとして家での茂德さんは夫で、園の茂德さんは優しくて安心出来る茂德さん以外の人なのかも???
僕が帰るときも、ただ見つめるだけ(>_<)
2014/ 08/ 11( 月) 06: 27: 12| URL| キーやん# mB.BT9Ic[ 編集 ]
 
一昨日は用事が出来て訪P子を休みました。訪問時スタッフと立ち話で情報交換をしていたらP子がソーッと近づいてきて発語はないけど話の輪に入りました。自分のことを話していると感じたからでしょう!
二人で帰室しながら大阪に行ったこと、僕の二人の兄とも元気であったこと等を話すと「よったね~!」と言って笑顔。しかし時間を置いて話すと覚えていない(^^;)
10時に入浴、10:30に穏やかな顔で帰室。直ぐにナースが来て左足指の親指にも出来たスレを処置。そして明日からメマリーを10㎎から15㎎にして様子を見ることになったことの報告を受け了承する。
後はルーチンをしながら、途中に幻視で猫が見えたのか?下の方を指差して「かわいい~!」と言ったり、お人形さんを指差して姉や妹の名前を呼んだりして明るく過ごす。
しかしお昼ご飯を食べて自室に戻ってから僕が側に居ても手を繋いで散歩をしていても何度も「茂德さん~」「茂德さんはどこ?」と繰り返し涙顔。その都度僕が自分に指を差して顔を合わせて「茂德さんだよ」と言っても“分からない~”と言ったり、首を横に振って断続的に涙顔になって止まらず。
ヒョッとしたら昨日来なかったが起因しているのかなと感じていました。
3時のおやつを済んでからは落ち着きは取り戻しましたが、僕を見知らぬ人の様な素振りが時々見られ、僕が帰宅を告げてもただ見つめるだけでした。
2014/ 08/ 10( 日) 06: 42: 10| URL| キーやん# mB.BT9Ic[ 編集 ]
 
今日はフロアーを穏やかにウロウロ。声か掛けにゆっくりと振り向いてニッコリ。持ち込みおやつは傾眠しながらパクパク。
看護師さん2人が来て足指の傷の手当てとP子の日常の動きが緩慢になっていること等を話してメマリーを10㎎から15㎎に増量するか先生の診断を仰ぐことにする。
手を繋いで散歩中に僕を見て「茂德さんは?」と尋ねる。僕を親切な人と思っていたらしい(^^;)二人のスッタフに仲良く手を繋いでいるのは「茂德さんよ!」と言われてバツが悪そうにニヤ
お昼を食べている時、大声で叫ぶ方がいてP子は頻繁に立ち上がり落ち着かなくなる。部屋に帰ってもソワソワとして何かを訴えてくるが解読できない(^^;)

今日は尊敬する友人と映画を観るので早めの帰宅。
明日は早朝出発・深夜帰宅で急遽大阪に行ってきます。
2014/ 08/ 07( 木) 15: 02: 23| URL| キーやん# mB.BT9Ic[ 編集 ]
 
フロアーのソファーで傾眠のP子に近づいて「P子さん~おはよう~!」と声掛けするとニッコリ(^^)
昨日のP子は童謡のCDに会わせて歌い、「水やりは?」とか、「可愛いね!」とか、その他に意味不理解の発語もあり、笑顔・笑い・一人お喋り・短い会話がよく出て穏やかに過ごしました。
しかし体の左傾きと左足の出し方の異常は変わらず。
前から感じていたのですが、何をするにも動作が緩慢になってきている様(^^;)

左足の出し方異常でか?人差し指の上側にスレ傷と思われる傷があったので、スッタフに伝えると直ぐに看護師さんが来て「悪くなる様だったら皮膚科の先生に診て貰いましょう!」と言って応急手当、素早い処置に感謝です。

14:25頃から30分程の訪問マッサージ、マッサージ中は彼女の声掛けにダンマリをしていましたが、彼女と僕のココナッツオイルの効用とかP子の病状に関わること等の話はシッカリ聞いて話の内容はほとんど理解しているかの様でした。

夕方、お孫さん来られた近所の家族と回転寿司を食べに、帰ってからお隣にご夫婦も交えて花火を楽しみました(^^)/。
P子にも花火を見せたかったな~!
2014/ 08/ 07( 木) 05: 45: 43| URL| キーやん# mB.BT9Ic[ 編集 ]
 
朝の訪問持、フロアーの長椅子で傾眠しているP子に近づいて両手を挙げおどけた仕草で「P子さん~、おはよう~!」と声掛けするとP子も目を明けて少し両手を挙げて笑顔で応える(^^)
僕との会話を楽しんでいると、スッタフの「P子さん~、お風呂ですよ~」の声掛けに腰が重く手を引っ張られて渋々立ち上がってスタッフと手を繋いでお風呂へ。30分程して帰室の時は少々疲れている様でしたが短い会話の受け答えはシッカリ。
体の左傾きがひどくなり歩く時の左足の出し方の異常も心配だけど、笑顔・笑い・一人お喋り・短い会話がよく出て穏やかに過ごしました。
フロアーでは他の人の会話に反応し笑顔が出ました。僕のオナラにも爆笑。

元組織の中間管理職時代、欧州研修旅行に行った他組織のメンバー達(10数年振りに会う人が2名)と久し振りに会って暑気払い。皆さんと別れて少し回り道をしてはしご酒を楽しんで来ました(^_^;)
2014/ 08/ 06( 水) 06: 11: 31| URL| キーやん# mB.BT9Ic[ 編集 ]
 
昨日は家のお掃除で昼食直前に訪P子、顔を合わせると笑顔、トイレの介助の時「ありがとう!」と言って涙顔になった以外は明るく、笑顔・笑い・一人お喋りが出て安定飛行、しかし休まずに歩き回ることと足の運びは一昨日と変わらず。マァ~!なんて器用な歩き方(^^;)

午後からユニットの皆様と生け花。Pは茶道(裏千家準教授)をして亡き先生の後に先輩と教えていたので生け花もある程度は出来たが興味を示さず。僕が無手勝流で挑戦、スタッフの一花の位置変更で素晴らしい作品に(^_^)v

生け花は最初の一花で全てが決まる、いや決めざるを得ない。このことは先の見えない人生をどう生きていくかの判断に通じる。予測し判断するには自らが集めた情報から選択するしか道はない。
自分の人生の道作りは集めた情報とその情報量で決まるかも?

僕が思った『生け花の極意』
 ①核となる花を決る。
 ②器の中で位置・方向を決める。
 ③これっという長さで意を決して切って刺す。
 ④後は選んだ花で作品を仕上げる。
僕は①~③で時間の大半を使いました。
2014/ 08/ 05( 火) 06: 20: 00| URL| キーやん# mB.BT9Ic[ 編集 ]
 
昨日のP子は顔を合わせるとニッコリしましたが笑顔・笑いが少なく始終歩き回り落ち着きもないな~?と感じるも低空飛行で頑張っていました。

昨日曜日は一時帰宅の日、家に着いた時は自分の家だと分かってか?落ち着いて家に入り、お父さんと仏壇にご挨拶、お父さんの遺影を指差すと顔を上げて「お父さんだ~!」と暫く見つめていました。
その後は僕がお昼の用意をしている間、部屋・洗面所・台所を左足変則でウロウロ歩くので危なくて目が離せません。見ていると家具の間は上手にすり抜けるのですが時々壁に頭をゴチン!、ビビ猫はしっぽを踏まれフギャー!と大声で泣いて雲隠れ。
お昼を分け合ってゆっくり時間を掛けて頂き、僕は一休み、P子はウロウロを再開。
家では障害物が多いので危険回避のため頃合いを見て早めの帰園。
園に戻ってもおやつを頂き、きっとお腹は大満足だと思います。
園でもウロウロが続きました(^^;)
2014/ 08/ 04( 月) 05: 28: 41| URL| キーやん# mB.BT9Ic[ 編集 ]
 
流しそうめんorそうめん流しの呼び名は、地方での違いか?、カレーライスorライスカレーのように個人の趣味的違いか?、はたまた深い意味があるのか興味が湧き、悩むところですね~(^_^;)
2014/ 08/ 03( 日) 05: 45: 17| URL| キーやん# mB.BT9Ic[ 編集 ]
 
昨日は一人お喋りが出て短い会話もするが、笑いと笑顔が少なく、といっても落ち込むこともなくルーチン・お昼・おやつ・爪切りの時以外は唯々歩いていました。
疲れているだろうと思ってフロアーの長椅子に一緒に座ると僕の手を取って引っ張り直ぐに歩き始めるの繰り返し(^^;)

ここ暫く歩く時の左足の出し方が異常で転倒の恐れがあるため再度理学療法士さんの診察を受けましたが、左足の出すタイミングがずれているが体のバランスは取れているので理学療法士さんも悩んでました。
左足の出すタイミングが遅れることで右足の歩幅が広くなりバランスを取って、その分スピード早くなっています。
スタッフの助言で靴を取り替えて暫く様子見です。
今まで履いていた靴はスッタフが直ぐに洗ってくれました。感謝!

夜シッカリと眠ってくれるかな~?と心配しながら帰りました。
2014/ 08/ 03( 日) 05: 15: 28| URL| キーやん# mB.BT9Ic[ 編集 ]
 
昨日はP子の普段の生活リズムから比べると何倍も忙しい日でした。
9:40から入浴、10:20帰室して直ぐ園所属のマッサージ師のマッサージ(20分間)、終わっていつものルーチン、途中で茂徳さんのお昼のお弁当買いを散歩を兼ねてお手伝い、お昼を食べて一休みしてルーチン、13:30個人的音楽療法(30分間)、14:20フロアーで皆さんとおやつ、14:50P子が以前から治療を受けていた結構遠い皮膚科へ水虫薬を頂くだけの診察と友人来宅で帰宅、とP子に取ってはめまぐるしい日中だったと思います。
しかし訪園中、P子が笑顔・笑い・一人お喋り・短い会話を繰り返して穏やかに自室ウロウロをしながら過ごしているのは、時々僕が夫であることを忘れているが、任せて安心の茂徳さんと一緒にいるからかな?
うぬぼれも時には心を癒します(^^)/

ちなみに、ルーチンとは、①自室で持ち込みのR-1、ドライ3種(プルーン・クルミ・干しリンゴ)、チョコレート、果物、日替わりでトマトジュースと牛蒡茶、時々お菓子とチーズ等と園の10時のコーヒーを分け合って飲食。②手と指・足と指・ふくらはぎ・肩・首・頭のマッサージと歯磨き。③園内廊下等をすれ違う方達全てに声掛けしながら散歩、です。

腰痛も落ち着いて歩くことには支障がなくなりました。腰痛になってから自転車で通っていましたが、これからはエコ実践で自転車活用です。しかし、このことはいつまで続くか分かりませ~ん(^^;)
2014/ 08/ 02( 土) 06: 06: 28| URL| キーやん# mB.BT9Ic[ 編集 ]
 
いつも読ませてもらってます。
わたしは、流しそうめん派です(笑)
2014/ 08/ 01( 金) 21: 23: 35| URL| 墨乃譜# H5Wh3rYk[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • ホームページアドレス
  • コメント内容
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://mitakanfs.blog.fc2.com/tb.php/34-8736a28d