【聞いて】 一人合点58

 てんしんさんのつぶやき

 ひとりがてん・58「スロープ」

 必要としている人への介助も「技術」がありますよね。例えば、麻痺のある側に寄り添う、太いベルトをして手を添える、などラジオからの耳学問なんです。
 昔入浴介助でサラシの帯をしてもらったなど思いだします。車椅子を押す人は、先ず自分が乗ってみてください・・との助言がありました。どんなに恐ろしいかがわかります・・先頭で足元が見えない、子供ならキャッキャッでしょうが、スピードにはしがみつくしかないのです。スロープは是非後ろ向きで頼みます。
 車椅子用のスロープは15分の1とかあるようですが、1段上がって2M,また1段上がって2Mなどのありようが車椅子には有効らしいですよ(長いスロープに比べてですが)
 一般歩道の交差点などで、車椅子には難所と思える傾斜がありますが、コツコツ改善されると思いたいですね。

 2017/ 06/ 21( 水) 11: 17: 05| URL| てんしん# -[ 編集 ]
関連記事
スポンサーサイト
 

コメント

三鷹市は歩道が広い道路が増えてきて、車イスの方も快適に外出しやすい環境に近づいていますね。坂道や段差は(とくに自走の時は、)きっと大変ですね。

介助技術を少し習ったことがあります。すでにうろおぼえですが。
基本技術はもちろん大切なのですが、それと同じくらい大切なのがコミュニケーション力と教わりました。人によって「やりやすいやり方」があるので、個人性を言葉や仕草で聞き取りつつ、基本技術と混ぜ合わせるのだそうです。

中には、縫製の継ぎ目が気になるので肌着をわざと裏返しに着る方がいらっしゃいました。流儀はそれぞれですね~。
2017/ 06/ 23( 金) 23: 22: 31| URL| テレビ前# 2Q1Nccu2[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • ホームページアドレス
  • コメント内容
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://mitakanfs.blog.fc2.com/tb.php/197-e89a4bda