【キーやんの記録】 「認知症の妻(P子)と生きる」 2014.7.1~

キーやんが綴る妻P子との日々 < 2014年7月1日~10日 >
2014/ 07/ 1(火) 早、半年が(^^;)
応援コメントありがとうございます。
応援は僕のパワー源、良い節目のスターとが切れます。
今日は一年の節目の日、半年を振り返って見るのもこれからの半年の肥やしに成るよね(^^)
「生活の中の句読点はとても大切!」「縁もね!」偉そうなことを言いましたm(_ _)m
昨日はユニットで出前お昼のイベント、お掃除ボラさんに家の掃除をして貰って、お礼もそこそこに訪P子、P子はフロアーの椅子で傾眠、「おはよう!キーやんだよ!」と声を掛けると「アラ!横に居たイケメンは!」という顔で目覚め、今日は気持ちはハイだな!と一安心(^^)/
テーブルに釜飯・鰻飯・にぎり・ちらし等皆さんの食べたいお料理が、スタッフの皆さんと頂きま~す(^o^)
P子と僕はにぎり、P子は大好きなイクラ・中トロから僕はPの嫌いな穴子・青魚から、P子は僕の分とネタを食べて満腹、僕はシャリとガリで満腹(^^;) P子も僕も半年を締めくくるハッピーデイでした(^^)/

2014/ 07/ 1(火) 病院家族会(サプリメントの話)
私が所属している病院の家族会に久し振りに参加して来ました。
参加した理由は病院が何でサプリメントの臨床研究を?と不可思議に思ったからです。
研究は今年5月から始まったそうです。

若年性アルツハイマー病の進行予防に効果があるとして米国で医療食品として認められているAxonaを当病院がある飲料メーカーから依頼を受けて進行予防の効果の有無?度合い?の臨床研究を始め、現在複数名の希望者に投与しているそうです。しかし投与期間が短いので判断は出来ていないとのことでした。

エッ!エエエ~!と驚いたことに、Axonaの成分は僕が約1年程前からP子に飲ませているココナッツオイルに含まれているケトン体でした。
アルツハイマー病は第3の糖尿病と言われ、ブドウ糖がエネルギー源として吸収されず脳細胞が死滅することが発症要因の一つとも言われ、そのブドウ糖に換わるものとして米国でケトン体が注目され、ケトン体を含むココナッツオイルがアツハイマー病の人の中で知る人ぞ知る救いのサプリとして飲まれるようのなった様です。ココナッツオイルで病気を治すことは出来ませんが、P子に飲ませ続けている僕はP子の表情の回復から効能があると感じています。
そして僕のチャレンジは間違いなかった。と、お伝えするのが話の落ちです(^_^)

感想コメント 幸せ
「木やんの毎日、充実していますね。楽しく読んでいます。P子さんのお元気になられる様子、嬉しいですね。お互い幸せな時間です。」


2014/ 07/ 2(水) おはようございます。
皆さん朝から申し訳ありません。
僕の今日は悲しいことからの始まりなんです。
長年、我々夫婦を応援して頂いたご近所の奥さんとの悲しい別れです。
お花の好きな奥さんの水やりの姿・お喋り・笑い声に力を頂き、自分の体が病魔に冒されていくのにP子のことを妹のように気遣ってくれた奥さんありがとう~!

年々歳を取って体が衰えていくのは世の常・世の輪廻、だからこそお日様の光を浴びて力を貰い、縁が絆になって広がって行くのが幸せ作りの一歩かな~!と思っての始まりでもあります。

2014/ 07/ 3(木) 昨日のP子
<病院の家族会参加で1日休んでの昨日のある場面>
P;お風呂に入れて貰ってにこやかに帰室
僕;ハグをして椅子に座らせ、ヨーグルトR-1を口に運ぶ
P;美味し~い!と言って完食笑顔(^^)、しかし食べ終わって傾眠
僕;用足しに行く
P;その間に目を覚まし泣きながら部屋の中でウロウロ
僕;両手を取って見つめながら「どうしたの~?」
P;発語が出来ず、ムニュムニュ
僕;「いやなことがあったの?」
P;首を横に振る
僕;「何だろな~・何だろな~」と言って様子を伺う
P;黙って俯きに泣き止まず
僕;「寂しかったの?」と聞く
P;首を縦に振る
僕;「チョコッと居なかっただけじゃない!」と言うと
P;首を横に振る
僕;Pの気持ちが読めず、脳がフル回転、そして目を見つめて「昨日来なかったから?」と聞く
P:僕を「ソー!」という目をして見つめて首を縦に振る
僕;息を呑む程驚き、体が後に仰け反る
  P子は傾眠から目を覚ますと僕の姿が見えないことに昨日のこと思い出したんだ~!と喜ぶことなのか悲しむことなのか悩みました。
僕;ソー!と言ってハグ続けると落ち着いて、すぐに昨日のことは忘れてしまった様です。そして笑顔も笑いも出て穏やかに過ごし、帰宅を告げてフロアのソファーに座らせて手を取って「明日また来るからね!」語りかけると、 今までないことに手を振ってくれました。
  何か嬉しくてスキップしたい気持ちでした。
 
2014/ 07/ 4(金) 嬉しい珍事にビックリ(^_^)v
昨日のお昼ご飯の後に園の屋上を散歩していたら、よっぽど気持ちが良かったのか、自ら「走ろうか!」と言って腕を振って小走り(早足程度)に走り出しました。
少し走ったけですが走りが終わった後も何かを言おうとするお喋りが出て自分が表れていました。
園に入居する前には度々見られていまたが、園に入居してからは記憶では初めてです。
これもココナッツオイルを続けているからかな?(^_^)v
今日は雨、さ~て!どんな一日を一緒に過ごそうかな!?

2014/ 07/ 5(土) 昨日は穏やかな後に議論伯仲
昨日のP子との一日は園専属マッサージさんに肩をマッサージをして頂いて笑顔。後はお散歩と笑顔とお喋りで平凡で穏やかな一日でした。
ひょっとしたら、二日分のお通じが有ったからかな?
<ここのことで、スタッフさんにお通じのことを毎日聞くことにしました。>

帰宅して、家の前の喫茶店でリラックスタイムコーヒー、何と時間を合わせたの如くご近所の方々が(^^)
介護の話になったら話が竜巻の如くいやつむじ風位かな、話が盛り上がり議論伯仲、終わることない話にママさんが「仲が良いから出来るのね~!」の行司に、介護に思う気持ちが同じなので笑顔に戻って讃え合い夕暮れ解散(*^_^*)
議論伯仲のもとは私が言った「問題の放置は愚痴を産む」からでした。

僕の気持ち;「問題を抱えて生きるのが人生、問題の解決の繰り返しが充実した人生を産む、問題の放置は愚痴を産む」

帰宅してから、ふと思い出した会長の言葉;「異論唱えるも争わず、異議を唱えるも席を立たず」
皆さん~充実した日をお過ごし下さ~い(^^)/

2014/ 07/ 6(日) P子を泣かせました
P子が風呂上がりで椅子に座って気持ちよくウトウトしている時に、手の指を「元気に~なれ!元気に~なれ!」と呪文を唱えながらマッサージをしていたらPの顔が涙顔に、「涙の素は申し訳ない涙と、ありがとう涙」でした。
Pと僕は夫婦だよと言って、閃いた替え歌(園のスタッフが教えてくれた「海」の替え歌)を繰り返し唱いながらマッサージをしたら一瞬にして笑顔が戻りました。(^_^)v パチパチパチ

呑み助と~さん、お喋りか~さん、と~さんとか~さんがけんかした~!

2014/ 07/ 7(月) 一時帰宅で楽しく!
昨日はP子が喜ぶ日曜帰宅と、思ってるキーやんも喜びました。
昨日は喜びの発語がありました(^^)/
家に帰るとと直ぐにお隣のご主人が帰宅に気か付いて、これから出掛けるけどと言いながら来宅、手を取って「○○だよ~、P子さん帰ってきたの~、」と話し掛けると満面のニッコリ!。
その後、P子のいとこ達5人が来て、○ちゃんカフェから取り寄せたオーガニックベジタブルのキッシュとサラダとケーキとスコーンをメインにP子の好きな長崎名物豚の角煮を添えて、ビール無しのお喋りランチ(^_^)
よっぽど楽しかったのか、帰園の時間が来て、「P子さん帰ろうか?」と声を掛けるとハッキリとした発語で「帰らない!」、楽しいからと聞くと「楽しい~!」と言って頷く。
お喋りの途中に時々話し掛けてもほとんど発語しないけど楽しんでいるんだ~。ただ、みんなのお喋りが早いので理解するのに追いついて行かないだけで、楽しい空気を感じて楽しんでいるんだ~と実感しました(*^_^*)
いとこ達を迎える準備や後片付け(ほとんどゴミは捨てってお皿は洗ってくれましたが)はそれなりに大変でしたが、僕にとっても嬉しくて楽しい時間でした。
そうそう、お昼を取りに○チャンカフェに行ったとき、ご近所のP子に優しくしてくれるお友達がお茶を楽しんでいました。久し振りに会えて嬉しかったです。
夜の晩酌も心地よく進みました(^^;)

2014/ 07/ 8(火) 明けの明星がきれい!
早起きは三文の徳、茜色の東の空に向かって手をあわせるとパワーがフツフツ(^^)/
昨日は、P子と園内を散歩中に施設長の部屋に迷い込み、「どうぞ」と招き入れられ始めて親しく介護の話やNFSの話等を30分強しました。
Pはその間、目を閉じて静かにしていました。
30分も話が続いたのはP子が体を動かさず一人お喋りもせず静かに座っていたからです。話を終わりにしたのはお昼ご飯の時間になったからで時間があれば続いていたかも(^^;)
僕が驚いたのはP子が30分間も静かに座っていたことです。
場の雰囲気を感じる力、自我を制止する力がまだ残っていたのか?はたまた蘇っているのかな~!と不思議で嬉しいです。
お陰様で昨日も明るく穏やかな日を過ごしました。
これも皆様の見守り応援に寄るものです。感謝!

感想コメント 優しい愛
「素晴らしいご夫婦の、毎日を微笑みながら、読んでいます。奥様がよくなられる様子、夢のように、思って読んでいます。やはりココナツオイルの奇跡ですかね。年月と共に病気が少しずつ進むのは仕方ない?と諦め、受け入れていた私です。また素敵な、奇跡が訪れること、楽しみに、日記を読ませてください。」

応援ありがとうございます(^_^)
「指圧の心は母心押せば命の泉湧く」ではないですが、病魔に冒されているP子が僕の毎日のトライの繰り返しを分かってて嬉しいのでしょうかね~?
だったら一層目の前の人(P子)を幸せにすることほど楽しいことはないです(^_^)v
褒めて頂くとパワーが湧きます。 SSさん、ありがとうございます(*^_^*)

2014/ 07/ 9(水) 昨日のP子はソワソワ落ち着かず
昨日はボラさんが来てのお掃除の日。で、訪P子出来たのは既にお昼介助中、傾眠しながらの食べているP子に「P子さん遅くなってゴメンね!」と声を掛けて交代。 部屋に戻っても眠そう~!
暫くしてからお風呂、さっぱりして帰室した時はニコニコ笑顔ででしたが、その後は表情は落ち込みもなくいつものP子なのに何故か落ち着かず、手もみ・足もみ等々いつものケアしていても立ち上がったりして終日ウロウロ(^^;)。音楽療法も立ち上がったりするので途中退席。僕は手を繋いで廊下散歩をしたりして声掛け見守りをして帰宅しました。
3時過ぎに「僕、帰るからね~!」と声を掛けてもP子は自分の世界。

2014/ 07/ 10(木) 訪問マッサージが終わっての発語
昨日は在園中、終始笑い・笑顔・一人お喋りが出て明るく穏やか(^^)
椅子で傾眠、ヒョッ!としてただ目を閉じているだけかも?、目を覚まして「お豆さん」と発語、??と思い「お豆さんを煮ていたの?」と聞くと「ソ~!」と返事、僕がニヤニヤ顔で「ソ~~!美味しく出来てる? 煮豆はお母さんの方が上手だったね?」と話し掛けると大笑いを繰り返し「ソ~だったね!」と発語(^^)/
午後、訪問マッサージを受けている時も目を閉じて黙って若い女性のマッサージ師の声掛けに応じず身を任せてマッサージ。終わって帰るとき彼女の「ありがとうございました!」声に目を開けるが笑顔を見せず「ありがとうございました!」を小さな声でオウム返し。彼女が帰った後、笑顔もなく何か僕にムニュムニュ??。僕が「今の人のこと?」と問うと頷く、僕が「P子さんの頭が下がらないように毎週来て肩と首をもんで貰ってるんだよ!」と話すと、思い出したかの様に頷きを繰り返す。考えられることはマッサージ中に彼女と僕が親しげに世間話をしていたので、この人は誰なのかな~?の考え続けていたのでは??と思いました。それと少し嫉妬心が湧いてきたのかも(^_^;)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

昨日はいつもより30分程早い訪P子。自室で穏やかにウロウロしているP子にいつものように笑顔とオバージェスチャーで声掛けして椅子に座らせてヨーグルトを食べさせようとすると突如「ありがとう~!」「ありがとう~!」と言って大泣き、「P子さん何か嫌なことがあったの?」と聞くと首を横に振る。「茂徳さんが優しいから嬉しいの?茂徳さんに感謝しているの?」と聞くと首を縦に振る。「P子さんと茂徳さんは夫婦だから当たり前だよ。茂徳さんが3回も入院したときP子さんが看病してくれたじゃない!」と話した後に「P子さんと茂徳さんは夫婦だよ!、結婚して44年も一緒に居るんだよ!」と話すとキョトンとしている。悲しいことだけど僕達が夫婦であることを忘れているのかも!そして時々思い出しているのかな(^_^;)
それからはいつもの笑顔・笑い・一人お喋り・短い会話のあるといつもの明るいP子(^^)

お昼の介助が終わってから「茂徳さん、これから街に買い物に行って、その後友達と一杯呑みに行くからね!」とお猪口でお酒を呑む仕草をして話すと大笑い。大笑いは行ってらっしゃい!のサインかな?

昼食を終えて部屋に戻り、歯を磨き・トイレ介助して、部屋をウロウロしても躓かないように片付けて、フロアーに出てスッタフに預け「明日来るからね~!」と語り掛けて別れると「分かったよ!」という顔付きで穏やか。スタッフが「行ってらっしゃ~い!」と言いながらP子の手を取って振ってくれる。(感謝)

午前中は訪問歯科の口腔ケア、奥歯のブリッジに?はあるが「P子さん歯が綺麗だね~!」と言いながら歯磨きをして貰って今回も終わり(^^)
(P子は大きく口を開けることは出来なくなっている)
2014/ 08/ 01( 金) 05: 51: 39| URL| キーやん# mB.BT9Ic[ 編集 ]
 
昨日の訪問時、フロアーの長椅子に座っているP子さんに離れた所から「P子さん~おはよう~!」と声掛けをするとゆっくり僕の方に振り向いてニッコリ。
聴覚・視覚・識別の能力、そして前日コメントした思いやる心も回復している様に感じる。
されるままの状態から一歩も二歩も先進か(^_^)v

午後訪問マッサージ。マッサージを始めて少しして彼女がP子に「P子さん~、これから左腕を大きく回しますよ。ご協力をお願いします」と声掛けして回し始めるとアレ!という顔付きで「P子さんの意志と動作が合っていますよ!」と僕に話し掛け。
P子は今、自分が何をされているかが分かっていて、声掛けを理解して、判断して、行動するP子の力を改めて確認した。

上記二つのことはヒョッ!としたらココナッツオイルと毎日の手もみ足もみ頭マッサージと散歩の効果かな!特にココナッツオイル?
P子がココナッツオイルを飲み始めて一年が経過(2013.7.7開始)、入所(2013.9.11)前のP子の顔写真の“助けて~!”というと無表情な顔とまったく違っていて顔に意志が表れている。そして発語は困難だけど短い会話を楽しむことは出来る。
ただ運動能力は衰えてきている様に感じる。

15:30に園の地震防災訓練、P子と参加して帰宅。園では結構頻繁に防災訓練を行っている。
P子はこの時間頃のなると僕が帰ることを感じているのか穏やかな顔付きで僕を見つめる。
P子さん~明日また来るからね~!

2014/ 07/ 31( 木) 06: 37: 59| URL| キーやん# mB.BT9Ic[ 編集 ]
 
昨日はお掃除ボラさんお掃除の日、12時過ぎに訪P子、朝排便はOK、既に入浴を済ませて食事介助も終わり僕の声掛けに笑顔。お昼は鰻めしでした。
前日と違って明るいP子(^^)
自室に戻りルーチンを終えて、「腰が痛いのよ~!」と言ってベッドに横になっていると「どうしたの?大丈夫!」言って覗き込む。P子の心配お顔に起き上がり「大丈夫!今日帰りにお医者さんに行ってくるから」と言ってガッツポーズを取って見せ、ハグして陽気ポーズで廊下散歩に。
歩きながら「私、どうしたらいいの?」を断続的に繰り返し不安症状が出る。その度、言葉を換えてP子を励ますが不安症状は帰宅前まで続く。帰宅を話したときは黙って見つめて見送ってくれたのに安堵。
P子の思いやる心は大きく残っているのを実感し、心配事をP子に話すのは控えなければと思いました。

4年前の描いて頂いた二人の似顔絵を額にしてP子この部屋に飾りました。
P子は美人顔、僕はおじさん顔に、二人とも笑ってしましました。
2014/ 07/ 30( 水) 05: 44: 12| URL| キーやん# mB.BT9Ic[ 編集 ]
 
腰の痛さは治らないけど歩くことはまともになりました。
昨日のP子は「P子さん~おはよう~!」の声掛けに返事なし、僕を分かっている様だが元気がく大人しいが落ち着きがない。午後から少し元気は出たが、自分の世界で過ごしているよう。
ルーチンの時も一人お喋りは出るが話し掛けの反応は少なく目をつぶりされるがままの状態。お昼ご飯も傾眠を繰り返し時間を掛けて完食。
廊下散歩の時、歩行はシッカリしているが体が左に傾き不安定。また声掛けをしてくれる方達への笑顔はなく見つめているだけ。
帰宅の声掛けにも反応を見せず、何がそうさせているのか原因の糸口さえも掴めないままで気になって過ごした一日でした(^^;)

2014/ 07/ 29( 火) 05: 02: 12| URL| キーやん# mB.BT9Ic[ 編集 ]
 
腰痛が続く(>_<)
フロアーをウロウロしているP子に離れているところから声掛けすると近づく前に振り向いてニッコリ!
この何ヶ月もなかった動作に嬉しさのハグ、ハグは返してもらえなかったけどニッコリ(^^)

お昼前に帰宅。僕が「P子さんの家だよ!お父さんだよ!」と語り掛ける前に自分の家であること、お父さんの遺影を見て父親であることを分かり、余りウロウロせずに椅子に座っている。落ち着いているように感じた。

姉から送ってきたトウモロコシをチンをしてほぐして、「姉さんがP子さんが好きだったことを思い出して送ってきた北海道のトウモロコシだよ!」と言ってスプーンで口に運ぶと「美味しい!」と言いながら半分以上を嬉しそうにペロリ!P子にとっては今年初物!

妹が来宅したときタイミング良く玄関で出迎え、妹の「Pちゃん~!」の呼び掛けに顔をジーと見て一間置いてニッコリ!。それからは姉としての振る舞いが垣間見られた(^^)
カフェ○ちゃんのオーガニックベジタブル料理を食べながら妹と僕のお喋りが続きP子には聞きながら料理とケーキをパクリ・(間を置いて)・パクリと介助。
2時過ぎに出た三鷹大雨注意報に慌てて帰り支度。妹を三鷹駅に送っての園への帰り車の中で「うるさかったね!」とポツリ。
ヒョッとして僕にありがとう~!の感謝の言葉かな(^_^;)
帰園後も笑顔が出て穏やか、安心して帰宅できました。
2014/ 07/ 28( 月) 05: 43: 31| URL| キーやん# mB.BT9Ic[ 編集 ]
 
朝起きてからジワジワと腰に違和感、朝食を終える頃には伝い歩きとなって片付けもせず横になってダウン(>_<)
お昼前には痛みはあるが歩くことはなんとかOK(^^;)
気になる用事を済まして(用事で出掛けている時に嬉しい偶然の出会いもありました)、16時過ぎに訪P子、いつもと変わらない様子でフロアーをウロウロ、排便も心配なし。顔を合わせるとニッコリ。いつものルーチンをしている時、笑顔も出て僕の大きなオナラにP子は爆笑!。右手を下に伸ばしてで何か摑もうとしながら一人お喋りを繰り返す。お喋りの内容を聞こうとするが言葉になってなく解読不能(>_<)
腰の痛さにベッドに寝ていると「大丈夫?」と言って覗き込む。
北海道の姉の○○ちゃんからP子さんが好きだったトウモロコシとメロンが届いたよ。明日藤沢の妹の○○ちゃんが来るから一緒に食べようねと話すと、顔を前に出して最上級の笑顔でニッコリ。
17:40頃から夕食介助と歯磨きをして18:40頃フロアーに出て「P子さん~帰るからね~!」と声掛けすると「私、どうしたら良いの?」と言って不満と不安げに付いてくる。「みんなと一緒にいるから大丈夫だよ!明日来るから!」と両手を取って頷きながら話し掛けてスタッフに預け帰宅。
腰の痛さに参りましたが、一緒の時間は気持ちの薬になりました。

2014/ 07/ 27( 日) 06: 13: 04| URL| キーやん# mB.BT9Ic[ 編集 ]
 
腰痛の痛さで座る・立つの動作がままならないのに何故かそうめん流しの時はP子さんよりはしゃぐ(^_^;)
そうめん流しは1Fのテラスをシートで全面日除けをしていたので猛暑での中暑さを忘れる。虫除け対策もバッチリ!裏方さんに感謝!です。
僕を入れて3名程の家族と事務員さんもお手伝い、「ハ~イ!流しま~す!」の声に、素晴らしいアイデアの竹で作った先割れお玉を使って流れてきたそうめんをなんとかすくってお椀に、食べてる顔は皆さんほころんでました。
僕達お手伝い3人組もすくえない方達にすくって差し上げる。「○○さんはP子さん専属で良いよ!」の言葉に甘えて食介をしないと食べることの出来ないP子と隣と前に座っている方のお世話をしながら流れてくるそうめんをすくっては食べすくっては食べ、そう上お昼の料理も完食して大満足、最後に缶詰のサクランボとミカンが流れてきて皆さん大はしゃぎ(^^)/

13:30から30分間程、P子特別の音楽療法、手の動きは今一でしたが足は自分でリズムを取り、間違ったら自分で修正するのには驚きました。
脳から手の指令は細っているが、足への指令は生きているな!感じました。

その他、ヨーグルトを食べさせる介助が早いので口をつぐんで怒ってみせるとか幾つかの拒否的仕草が見られましたが、笑い、一人お喋り、短い会話が出て楽しく過ごした一日でした(^_^)v


2014/ 07/ 26( 土) 06: 03: 08| URL| キーやん# mB.BT9Ic[ 編集 ]
 
昨日の体は腰痛の痛さで50%程の稼働、気持ちも訪P子するかしないか50%の分かれ目、しかし時間が経つにつれてP子の睡眠剤換えの様子が気になる思いが強まり訪P子して昼間一緒に過ごしました。
着いて直ぐスッタフに睡眠と排便のことを聞くと「よく寝ていた様ですが朝食は傾眠が見られ半分程しか食べませんでした」お通じは両手をすくう様なジェスチャーをして「たんまり出ました」と笑顔で話され、僕の顔はほころぶ(^_^)v
フロアーのソファーで傾眠しているP子の顔を覗き込み「P子さんおはよう~」と声を掛けると笑顔。僕が茂徳さんであることは分かっている様でニッコリ

いつものルーチンをしている時も傾眠が見られるので睡眠剤を換えたことの影響かと心配。(薬を換えてからの初めての傾眠)
でもルーチンを終わってからは昨日と同じ様に明るく茶目っ気のあるP子となりニッコリ

ルーチンをしている時にP子に「茂徳さん腰痛で腰が痛いよ~」話していて、ルーチンを終わって暫くして腰の痛さでベッドに横たわっていると、ウロウロと部屋を歩き回っていたP子がベッドの側に寄って僕を覗き込み「無理しちゃダメよ!」のいたわりの言葉、僕は嬉しくてベッドから起き上がりP子を抱きしめたら、なんとP子も両手で抱いてくれました。
入所前のP子から思いも因らない感情の復活です。
夫婦と分かっているのかな~?涙が出る程嬉しかったです(^^)
2014/ 07/ 25( 金) 05: 27: 48| URL| キーやん# mB.BT9Ic[ 編集 ]
 
昨日は、20日の夜から換えた睡眠剤に因る影響(副作用)が心配で、腰の痛さを我慢して1時間程遅くP子を訪ねました。
先ず、スタッフに睡眠状態と日中の様子を聞くと「22日と変わらず穏やかで歩き回り、ご飯時の傾眠はなく、笑顔も出て、受け答えも出て、便も出て」(笑い)との話に一安心二安心。
訪問前に入浴していたP子が風呂から上がってきた顔が明るく見えました。しかし、近寄って顔を近づけて「P子さん~おはよう~!」の声掛けには鼻を少し上げて不満気味に口をつぐむ、「どうしたの?遅かったから?」と聞くと茶目っ気にニッコリ。昨日来なかったことは忘れているよう(^_^;)
この日は、いつも以上に明るく行動も活発で、僕への気遣いも出て楽しい見守りでした。
その上午後、訪問マッサージを始めるに当たってマッサージ師が「これからP子さんの手と肩を触らせて頂きます。」の問い掛けに「いやです!」と冗談に答えて笑い、マッサージ師もビックリ!。昔の茶目っ気が復活か~!(^^)/
分け合って食べる持ち込みおやつがことのほか美味しかったです。
しかし、薬の副作用は一日・二日ではとの思いで要観察です。
でも、あ~!腰が痛~い!

持ち込みおやつを半ばして食べるもう一つの理由は、食あたり防止の手立ての為でもあります。

2014/ 07/ 24( 木) 05: 43: 31| URL| キーやん# mB.BT9Ic[ 編集 ]
 
お大事にしてください。
2014/ 07/ 23( 水) 07: 39: 02| URL| テレビっ子# WO/m/JBE[ 編集 ]
 
昨朝、突然の腰痛に寝たきり状態になりP子を訪問できませんでした(>_<)
近くの整形外科に痛みに耐えて耐えて行って診察・注射をして安静をしてました。
夕方、痛みは残り動作もぎこちないですが歩ける様になったので、今朝は座薬をして様子を見てP子を訪ね様と思っています。
あずましの輪のお弁当に助けられました。

皆さん~、明日は何が起こるか分かりません。特に歳を重ねると!
今日しなければならないことは、今日に済まして有意義な一日を過ごし、明日を迎えましょう!
明日は我が身ですよ~(^_^;)
2014/ 07/ 23( 水) 06: 28: 05| URL| キーやん# mB.BT9Ic[ 編集 ]
 
心配はありましたが昨夜から少し強い睡眠剤に換えました。
目的は20時頃に睡眠導入剤と睡眠剤と飲んで就眠、午前1時頃から寝たり起きたりの繰り返しと自室内を徘徊をして、日中の傾眠が頻繁に見られることが再び感じる様になったからの判断です。
以前(入所して間もなくの頃と暫くしての2回)にスッタフに相談しましたが、応じることはなく「生活環境が変わったことに拠る不安からかも知れないので様子を観察しましょう。」でした。
今回は「園生活に慣れて落ち着いて来たのでナースに相談してみます。」と言っての睡眠剤の変更です。対応と処置に納得してます。

昨日のP子はよく寝たのか、スタッフの朝のトイレ介助・朝食介助の時の声掛けの反応が良く「ありがとう!」「分かったよ!」「終わったよ!」等の発語がハッキリと出て、自分の意志表現もいつもより出たようです(^^)/
自室に戻り、いつものルーチンをしながらの声掛けの対応がスムーズで笑顔・笑い・一人お喋り・僕を思いやる言葉「大丈夫」が出て嬉しい時間を過ごしました(^_^)v
今日も薬の副作用がなく、ニコニコP子であることを願ってます。

夕刻、P子にとってはチョットしたサプライズを求めに街に出ました。
美味しそうにビールを飲む姿を横目に目的を済ますと帰宅。
誘惑に負けないキーやんになりました(^^;)

2014/ 07/ 22( 火) 05: 50: 57| URL| キーやん# mB.BT9Ic[ 編集 ]
 
昨日は一時帰宅の日曜日、毎日のルーチンを終えて帰宅。玄関を上がらせたらP子は自ら部屋に入りました。僕がお父さんの遺影を指差して「お父さんだね!」と話し掛けると「そうだよ~!」と語尾を上げての発語に先週のことの不安が消え、また、先週とはまったく違った穏やかで落ち着いて顔の表情も明るいP子に嬉しくなりました。帰園してからも同じでした(^^)/
それと、帰園して僕が体の異変を感じてベットに寝ていると、「大丈夫?」と発語して心配そうに2回ぞき込み離れません。僕に気を遣う心は度々ありましたが「思いやる心」もシッカリ残っていると確信しました。

体が重かったのですが、番組はシッカリ見て、認知症800万人時代の項目にコメントを入れました。
2014/ 07/ 21( 月) 06: 34: 11| URL| キーやん# mB.BT9Ic[ 編集 ]
 
昨日のP子。
朝、表情はないが穏やかな顔でフロアーをウロウロ、顔合わせると僕と認識して笑顔、動作も嬉しそう(^^)
日中、ルーチンワークをしている時も、廊下を散歩している時も、午後の訪問マッサージを受けてる時も、おやつを頂く時も、空気を読んで状況流れが把握出来ているのか?、また、その瞬間が理解出来ているのか?、P子は短い発語、笑顔、笑いで答えてくれました(^^)/

?僕に他の用事が無い時の訪園中の一日。
《ご近所の奥さんが「○○さん、毎日P子さんの所に行って夕方まで何しているの?」に答えて》
☆朝9時半頃に家を出て訪園、帰宅は午後3時~3時半
☆スタッフに朝の排便を聞いて、フロアーをウロウロしているP子の所へ。表情を見ながら笑顔で声掛けして「良く眠れた~?、朝ご飯いっぱい食べた~?、外は暑いよ~…!」等と声掛けしながらお部屋に。
☆椅子に座らせ、お話しをしながら先ずはR-1を口に運ぶ、そして持参のドライフルーツ(プルーンと干しブドウは日替わりで、他に干しクルミ・干しリンゴ)を食べ、ゴボウ茶とトマトジュースを日替わりで一緒に飲む。
☆手と指のマッサージ
☆この頃になるとココナッツオイル入りのミルクコーヒーが運ばれて来るので、カカオ70のチョコレートを2枚食べさせコーヒーを。(以前は飲み物の希望を聞きに来たが、朝はコーヒー、3時のお茶はおやつを見て決めることにしました。そして3時はユニットの皆さんと頂いています。)
☆飲み終わって、ふくらはぎ・足・足首・足指のマッサージ。P子の様子を見て散歩にするか肩・腕・首・頭のマッサージをするか判断して、どちらかをしてお昼に
☆お昼はフロアーで、僕が回りの入所者と会話しながら食事介助、当然P子が分かり和やむ話題で。1時間程掛けて食事が終わり、自室に戻って部屋をウロウロするP子を目で追いながら僕のお昼。終わって持参のデザートを半ばして食べて、暫く休憩タイム
☆やり残している散歩か肩・腕・首・頭のマッサージをして、その後は散歩を続けたり園で催されるイベントに参加して過ごし、2時半頃におやつ介助をし、歯を磨いて、トイレ介助をして、P子が一人になっても危なくない様に片付けをして帰宅の準備、P子の両手を取って顔を見つめて「P子さん~、ビビがお腹を空かして待っているからぼちぼち帰るよ~、明日来るからね~」等と言いながらフロアーに出て椅子に座らせ、スッタフに明日来園する時間と「ありがとうございました~、お願いします~」と言って帰る。
以上が在園中の僕の概ねの行動ですが、P子にとっては一緒に過ごしてくれる人が側に居ることが不安の芽を摘み安心して穏やかな気持ちにさせるのではないかと思っています。そうは言っても病魔の手は衰えることはありませんが。
二人が穏やかな時間を過ごせるのは、長くは続かないと思って、今出来ることを続ける思いでP子と向き合ってます。

「一生懸命だと知恵が湧く。中途半端だと愚痴が出る。いいかげんにすると人のせいにする」「ぼた餅は何もせずして口には入らない」
2014/ 07/ 20( 日) 13: 58: 02| URL| キーやん(代理)17日分# WO/m/JBE[ 編集 ]
 
昨日のP子はデイリーを楽しみ終日を過ごしました。ただ、訪P子の朝一番の「おはよ~P子さん~」の声掛けの時は僕が誰か思い出さなかったよう(^^;)自室に戻る途中で思い出したのか笑顔復活(^_^)v

夕方、介護中の三人がそれぞれの介護を終わって5時半に集まって食事をしながら、介護談義と苦労話と自分の介護への思いとやってきたことを「選び言葉の垣根を越えて」語り合い、思わぬことで出会あったこの縁を大切にしようと遅くまで話しました。涙が出るような苦労話もありました。
<「縁は来た時に掴まなければ通り過ぎてしまう。幽霊の前髪と一緒、幽霊には後髪はないから摑め損なう」だね!>

《そのほんの一コマ》
*キーやん
今日の朝、いつもの様にP子の手を取って顔を間近に見て「おはよ~!P子さん~!」の声掛けをしても、「あんただ~れ?」の顔で見つめ、僕を忘れている様なんだよ~

*Oさん
キーヤンさん、P子さんは長年連れ添ったキーヤンさんの声・におい・所作・空気は決して忘れていないよ。
自分の夫であることは分かっていても名前が思い出せないのじゃない?

*Aさん
そうかもよ!私達だってよくあることじゃない!結構親しい人でも、突然逢うと名前が出てこないことがさ~!

*キーヤン
ウウ~ン!なるほどね~!
いっぱいある名前の引き出しから僕の名前を探しているのかも!
声掛けを工夫してみよう~!
2014/ 07/ 20( 日) 06: 46: 00| URL| キーやん# mB.BT9Ic[ 編集 ]
 
昨日はP子にとっては、キーやんルーチンワーク、園専属マッサジ師のリハビリ、個人的音楽療法、入浴と忙しい一日でしたが、笑顔・笑い・一人お喋りが続いて表情も豊かで穏やかに過ごしました。

個人的音楽療法は2/28から毎週1回30分間で始めてました。童謡を歌う、童謡に合わせて軽い動作、お口の体操、そしてPが学生の頃ピアノを弾いていたということでP子自らが少しでもピアノを弾くことを目指してリハビリを続けてました(曲はいつもチューリップの花)。そしたら昨日1音だけですが手首を支えるだけで介助しなくても人差し指で初めて鍵盤を叩きました。
先生も僕も大喜び、P子はキョトン、偶然であったとしても嬉しいP子の鍵盤叩きでした。
2014/ 07/ 19( 土) 05: 51: 07| URL| キーやん# mB.BT9Ic[ 編集 ]
 
家族の会東京支部「きずな」6月号に投稿・掲載された「介護・妻と生きる」の要旨を皆様にお話しします。

《 要旨 》
妻の介護生活に入ったのは年老いた義母と共に60歳私達二人の三人家族構成。今は義母は妻の姉が引き取り二人だけの生活。妻に物忘れや行動の異変を感じ始めたのは妻が56-57歳の頃。不安の中で複数の病院を受診するが病名は付かず。認知症の疑念も持っも更年期障害であればと念じて、妻が59歳の時、たまたま若年性アルツハイマー病の専門外来があることをテレビニュースで知り、妻の症状に符合する幾つかの項目を見つけたので、直ぐに受診。診察結果は別として不安解消の扉を開けることができた一瞬のチャンスでした。
種々の検査を受けて出た診断は、「なんで~!」と叫ぶ悲痛な病名「若年性アルツハイマー病」。失意の中での先生との話し「奥さんとご主人と私のトライアングルで病気と闘いましょう」と「病気と介護を知るために家族会に入って介護先輩の経験話しを聞き、仲間と情報交換をして介護全般について学び、お二人に合った介護を考えて下さい」というアドバイスは今でも忘れることの出来ない貴重な言葉です。
私は、徐々に病状が進行する妻との生活を優先に定年3ヵ月前に退職。退職後、上司のはからいで時間に縛られない仕事を紹介されて3年間お世話になりました。介護に専念できる生活にソフトランディングができたことに会社と二つの職場の皆さんに感謝です。
介護度2に始まり今や5になった妻を9年間介護している中で、介護先輩の話し、関係小冊子、家族会・講習会・講演会でのアドバイス、ご近所の皆様の応援等で学び気付いて取り組んだこと、今でも続けていることを述べます。

1,妻の介護で気を付けたこと
①妻に話しをする時は笑顔で目を見つめ語尾を上げてゆっくりと話し、発語困難な妻が話そうとする時は笑顔で頷きながら妻の思いを推測して聞き続け、スキンシップを大切にし、同感する気持ちを言葉や表情や動作で伝える。常に笑顔で怒らない、ダメ!を言わない、説得しない
②病状の進行を遅らせるために、確認や合い言葉で話し掛けて行動に入る、5000歩散歩、一緒に買い物、童謡・唱歌・昭和60年代の歌謡曲等をBGMで流す、就寝と目覚めの時にオルゴール、アロマセラピー、健康維持体操、手足肩首のマッサージ、寄席・観劇、乗馬、旅行
③事故防止のために、階段等に手すりを付ける、夜間の足下点灯、転倒防止のため部屋の整理
④健康維持を考えた食生活

2,先々の生活予測を立てる
80歳迄の家計収支バランスシートを作成して金銭面や生活環境を把握して無理のない生活に心掛ける

3,妻または私の不測のために
①二人のエンディングノートの作成
②遺言書の作成
③成年後見人制度の活用
④隣家の方の見守り 

4,安心した介護生活のために
妻と私の兄弟姉妹、ご近所、家族会、友人・知人、ケアマネ、掛かり付け医・薬局、福祉協議会等とのお付き合いを大切にすること。特にご近所の方に道で会った時は、挨拶の後に一言の会話を大切にする。

5.私自身のこと
①音を上げない、愚痴を言わない、助けは遠慮なく受ける
②日々の生活を平穏に過ごすために、ものごとをポジティブに考えて愉快に過ごす
③終わりの見えない介護生活のために
 a.生活のケアはプロに、私は妻の心のケアを
 b.自らが発信しなければ手を差し伸べてもらえないという思いで、家族会等の 会合には出来るだけ参加していっぱい喋り、そして聞き出す
 目的は、情報の収集、介護の不安・葛藤・ストレスの解消、気持ちのリセット
 c.介護から離れて自分のホットタイムを作る
 d.友人知人等の周囲の人から褒めてもらう
 e.外出時にはオレンジリングをする

6,共に生きるための成り行き
僕は介護当初から妻の介護はデイサービス等を活用しながら自宅で介護をするとの思いが強く、そうしてきました。しかし、多くの介護先輩等の話を聞く内にそれが僕の思いに合わせた独り善がりの介護で決して妻自身の安心と納得した生活に繋がらない介護だと気付きました。妻は発語困難なので自分の意図を言えず苦しかったのではと反省しています。そして、僕を応援してくれる多くの方達のアドバイスで介護の方法・形態にはいろんな選択肢があり、私達夫婦の生活環境に合って妻が穏やかに過ごせ、私が安心して妻を見守り、自分の時間も作ることが大切であることに気付かされました。
僕は介護することにストレスなどないと自負していたのですが、夜の介護で体調を壊し、心配をして頂いた人達からも背中を押されたことで施設への入所を決断。幸い昨年9月に妻を特養に入所させることができました。辛い決断でしたが、日中はほぼ毎日施設に行って一緒に過ごすことができるので、喜ぶことのできる成り行きです。

下記が施設入所を決断するにあたって背中を押された皆様方からの言葉です。
*木部さんは三日間泣きなさい。奥さんは三日経てば生活に慣れるよ
*70歳になると体力・気力・知力とも落ちるよ
*介護のプロの知識や経験は幅広く深い、信頼しなさい
*夜と昼の介護が入れ替わったと思えばいいことじゃない。施設に行って昼間一緒に過ごしなさい
*現実を直視しなさい。想いだけで介護は出来ないよ。木部さんに何かあったら奥さんはどうするの

7,最後に
介護には、戸惑い・不安・不満・いらだち・投げやり・反省・落ち込み等々が付きもの。やっかいなこと、したくないことも後回しに出来ずに日々をパタパタ過ごすのは当たり前。気持ちを切り替えて介護の日々を長く続けるために、体と心の健康、生活の安定、それに加えて感謝の心が大切なことを病院や地域の家族会の介護先輩や同輩に学び、福祉協議会の情報、ご近所の皆様の力をお借りて介護生活の支えとしました。
「真剣だと知恵が出る。中途半端だと愚痴が出る。」と心に秘めて。
2014/ 07/ 18( 金) 06: 22: 32| URL| キーやん# mB.BT9Ic[ 編集 ]
 
昨日は「はなかいどう」で開かれる介護者談話室地域開催に参加するので、お昼ご飯前に帰宅するため、いつもより一時間早い9時に訪P子、顔を合わせた時、直ぐに嬉しいそうな笑顔にニッコリ!
いつもにお喋りをしながらルーチンを済まし、廊下散歩、医務室前に折り紙で作った花火が飾られ、その上手さに「きれいだね~!」と言って見入る。作者が居たのでお礼にP子と花火の踊りを踊りました。作者も大笑いしながら三人で花火踊りが続きました(^^)/
お昼前に「○○さんは午後からお仕事に行くから早いけど帰るからね~!」と語り掛けると分かった様。穏やかな顔付きのP子をフロアーの椅子に座らせて「明日も来るからね~!」と言って帰宅。

介護者談話室は新たなことを知ったり、理解不足なことの確認が出来て有意義でした。
終わってからNFSの五人をカフェー○ちゃんにお誘い、話題尽きないお喋りを楽しみました。
2014/ 07/ 18( 金) 05: 38: 16| URL| キーやん# mB.BT9Ic[ 編集 ]
 
> 帰宅の際に「○○さん、毎日ありがとうございます。奥様はスタッフに馴染んで来て、園の生活に落ち着いて来ていますし、P子さんのこれれからのためにも一人での園生活に慣れることが大切です。スタッフはそのお手伝いのためにも見守りをしています。父さんは自分のために少しでも多くの時間を使って下さい。」とサラッと言われ未だに考えています。<

すご~~く考えさせられる一言ですね。
2014/ 07/ 16( 水) 11: 40: 52| URL| テレビっ子# WO/m/JBE[ 編集 ]
 
今日はお掃除ボラさんお掃除の日、12時過ぎに訪P子、既に食事介助は終盤、介助を交代。P子の好きな醤油味の冷やし中華。
お部屋に戻ってルーチンワークをしてたら、「お風呂の準備をしま~す!」とスタッフが来室。僕がおやつが済んだら直ぐ帰ると伝えていたので順番を繰り上げたとのこと、嬉しい配慮に感謝!
入浴を済ました笑顔で帰室、ルーチンワークを僕が一人お喋りをしながら再開、P子はウトウト(^_^)

3時のおやつを入所者のほぼ全員で食べていた所に、退職されたスタッフリーダーが顔を見せて皆さん個々に寄り添い話し掛け、P子もその空気を感じたのかスタッフリーダーがP子にハグをしながら話し掛けていたらP子が涙顔に!
スタッフリーダーも僕もビックリ!
P子は発語は出来ないが、回りの空気を感じる感情と、そのことを表現することはまだまだ健全だ~!

3時に僕が帰宅するまで明るい表情で穏やかだったことが嬉しかったです(^^)/
「これから友達といっぱい飲みに行ってくるから帰るからね~!」と話し掛け飲む仕草をすると、分かったよ!と言っているのか笑顔で返事!

早い夕刻から小川町の行きつけのお店で大学の先輩方と楽しいお酒を頂きました。帰りは電車で居眠りをして乗り過ごしましたが無事帰宅、その頃は酔いも覚めていたのでシャワーを浴びてパッタンキューでした。
2014/ 07/ 16( 水) 10: 10: 33| URL| キーやん(代理)# RjkxFUS.[ 編集 ]
 
朝、訪P子して一番、僕の居る所でスタッフリーダーがおどけながら「ねぇ!P子さん、お父さんが毎日来てくれるのは嬉しいけど、あきるよね~!」と一言。
三人大笑い!
帰宅の際に「○○さん、毎日ありがとうございます。奥様はスタッフに馴染んで来て、園の生活に落ち着いて来ていますし、P子さんのこれれからのためにも一人での園生活に慣れることが大切です。スタッフはそのお手伝いのためにも見守りをしています。父さんは自分のために少しでも多くの時間を使って下さい。」とサラッと言われ未だに考えています。
2014/ 07/ 15( 火) 10: 47: 11| URL| キーやん# mB.BT9Ic[ 編集 ]
 
昨朝も訪P子して、僕が「おはよ~P子さん」と言って顔を合わせた時、僕の顔を見ているが思い出せないよう、「○○だよ」と言ったら思い出してか安心顔、その後は忘れることはありませんでした(^^)/
しかし、僕の声もしぐさも忘れたのかな~(>_<)
お父さんの写真を持参して朝と昼に見せても小さな不安そうな声で「分からない!」(>_<)

外は暑いので廊下とユニット内を散歩、午後からカラオケ大会、30分を過ぎた頃より立ち上がる・座らせるの繰り返し。「P子さん帰りたいの?」と聞くと首を横に、その後は後部の窓際に移動し手を繋いでリズムに合わせて足踏みをしながら最後までカラオケを楽しみました。P子も時々小さな声で歌ってました(^^)僕はみなさんの若き時代の曲3曲(東京バスガール・街のサンドイッチマン・兄弟船)を歌いました(^o^)

最近、頻繁の傾眠とお昼介助の時にも傾眠して食事が進まないので、スッタフに睡眠導入剤等の投薬状況と夜の睡眠状態を聞いて、ナースにP子がより熟睡出来る手立てを先生に相談して貰うよお願いしました。

帰宅してカフェ○ちゃんへ、そこに僕が居ることを知ってお隣さんご夫婦がきて予定時間オーバーのお喋り。驚く程の善意の嬉しいことがありました。この話はこの次に(^_^)

夕食はカフェ○ちゃんのオーガニックベジタブル料理をお皿見盛って持ち帰りホットワインで一人食、その時いとこの奥さんが巻き寿司と冷しゃぶとそのタレとP子にと言って夕張メロンを持ってきたくれました。
嬉しい気持ちがヒートして張り切っている風船が爆発したように大泣きして涙が止まりませんでした。



2014/ 07/ 15( 火) 06: 11: 06| URL| キーやん# mB.BT9Ic[ 編集 ]
 
朝一コメントの「女性と話す時は共有・共感・同感することが大切、そしてお喋りを楽しみ結論を出さない。」は、介護での会話の秘訣かも!
2014/ 07/ 14( 月) 07: 07: 05| URL| キーやん# mB.BT9Ic[ 編集 ]
 
昨日は一週間に一度の一時帰宅の日曜日。
朝、顔を合わせたチョコット間は僕とは分からない。けれど直ぐに確認しなくても僕と分かり、いつものP子に戻り笑顔が出てルーチンワーク、11時になったら家に帰るよ!と話すとニコニコ。

家に着いた時に異変が(>_<)
①自分の家に帰ってきたと思わないのか誘導しなくては体が動かない。「P子さん~、P子さんの家だよ」と言って座らせても立とうとする。「園に戻りた?」と問い掛けるとウン!と頷く。暫くして自分の家であることが分かって落ち付いていつものP子に安堵。お昼の後に「P子園に帰ると?」と聞くと頭を横に振って帰らない意思表示に一安心(^^)/
②お父さんの遺影の写真を見てもお父さんと分からず何度示しても反応を示さない。見ても見えないのか?忘れたのか?どちらだろう??。次回要再確認事項。

お昼の後は休むことなくいつものパターンでお部屋の中を歩き回る。しかし少し足が上がらなくなったのか、絨毯に躓くことが見られた。

お昼はカフェ○ちゃんのキッシュと野菜ケーキ、それに前日三陸山田の友人から送られてきて前処理をしてたホヤを酢物とタテの玉をお刺身でペロリ!。ホヤは食べれないだろうと思っていたが美味しく食べてビックリ、味覚は衰えていないよう(^^)。お陰で僕の夕飯のおかずは食べ残しのホヤとホタテのウロのお刺身でした(^^;)

いつも買い物をする生協は日曜日ポイント5倍の日、しこたま買い物して帰宅、片付け終わってカフェ○ちゃんにお昼のお代を支払い行ったら、昨日講演会に一緒に行った友人がティタイム中、僕もティタイムに加わって女二人男一人の劣勢でしたがお喋りを楽しみました。思わぬことに遭遇すると嬉しいですね。

「女性と話す時は共有・共感・同感することが大切、そしてお喋りを楽しみ結論を出さない。」それを出来ないのが僕の悩みです(^^;)





2014/ 07/ 14( 月) 06: 26: 55| URL| キーやん# mB.BT9Ic[ 編集 ]
 
今日は、杏林大学長谷川准教授の講演会「地域で認知症をみる」といつも応援してくれている友人の「写真展」とP子に喜んで貰えたらな~!と思うサプライズを求めて街に出るため1時間早い9時にP子を訪ねました。
朝の食事が終わってフロアーの椅子で傾眠しているP子に「おはよ~!、○○さんだよ!」と笑顔で語ると笑顔で応えて自室に、しかし自室に戻っても半分傾眠、Rー1を口に運んでいると目を覚まし僕の顔を見ながら「○○さんは?」とつぶやく、「あれ~!僕が○○さんだよ」と覗く込むと暫く僕を見て「○○さんだ~!」僕が「誰かと間違えていたの~?」と言うと苦笑い。どうもその様でした。
《考えられることと気付き》
①1時間早く行ったことでP子の体内時計が狂ったのかな(^^;)
②P子の笑い・笑顔に感情が現れるのことに確信を持って気付きました

お昼介助をスタッフにお願いして帰る時に「○○さんお勉強に行くから帰るよ!」と言ってフロアーの椅子に座らせてもまったく動じる様子が現れず(^^)/

多分いや絶対に判断する力はまだ残っていて、判断したことを発語する力が失われているのでしょう!

「地域で認知症をみる」のキーワードの「みる」には「診る」「看る」「見る」。トライアングルで認知症連携イメージを表す三つの「みる」でした。
少し三鷹市の取り組みの宣伝も入っていましたが、患者を持つ僕は認識を新たにする講演でした。打合せ等で相当時間を必要として講演者以上に気を遣う司会、石村先生、司会素晴らしかったです。ご苦労様でした(^_^)v

そして、P子へのサプライズも友人のアドバイスで完璧(^^)、P子に一口羊羹を買いたいと言いたら、夏だから水羊羹が喜ぶよ!と言ってアトレの自然食品のお店まで一緒に行って水羊羹をしこたま買い込み(^^)/。僕も自然食品大好き!P子のことを思ってのアドバイスと時間を共有する仲間がいて嬉しい一日でした。ありがとう!

別れてカフェ○ちゃんを覗くと近所の方が来て居たので、前の続きの床屋談義等して食事前のコーヒーを楽しんで帰りました。夕食は冷蔵庫に首を突っ込んで粗食に耐えましたが、満足満足、幸せな一日でした。
知識と喜びと時間を与えてをくれた皆さんに感謝!

2014/ 07/ 13( 日) 06: 36: 34| URL| キーやん# mB.BT9Ic[ 編集 ]
 
朝、P子を訪ねて、スッタフへいつもの挨拶「おはようございます。今日もよろしくね!」の後に、「P子の排便は?」と聞くと、「おはようございます。今日もよろしくお願いします!」「排便が少しきつそうなのでお腹を押してあげると、立派なのが出ましたよ!」と笑顔で会話。スタッフさん介助に感謝!
僕はフロアーをウロウロしているP子の所にいて「P子さん~良かったね!」と両手を取って笑顔で話し掛けると、「なにが?」の顔つき。手を繋いで部屋に戻る時は笑顔(^^)
昨日は、いつもの様にR-1とドライのプルーン・リンゴ・クルミとカカオ70のチョコレート2枚を食べココナッツオイル入りコーヒーを飲んで、手・足・肩・首・頭のマッサージをして、台風一過暑くて日差しも強いので、ほとんどの時間を廊下とお部屋での散歩で過ごしました(^_^)
園亡いの涼しさは天国です(^o^)
夕方、大きな虹を見ました。そして2時間ほどカラオケ教室でストレス発散。
皆さん、虹のあの七つの色の橋を何と数えるかご存じですか?
僕は知りませんでしたが、物知りお母さんに教わりました(^_^;)
2014/ 07/ 12( 土) 05: 37: 24| URL| キーやん# mB.BT9Ic[ 編集 ]
 
昨日のP子は終日落ち込むことがなく、笑い・笑顔・一人お喋り・僕への問いかけ、その上珍事も出て明るく穏やかに過ごし、僕は満足満足(^^)/
<珍事>
エプロン代わりに首に巻いていたタオルを自分で外そうとして落とし掛け、動作がままならない両手で掴もうとして失敗、苦笑しながら拾うとするP子をチョコツト離れた所で笑みを浮かべて見ている僕に気が付いて、ニヤ笑い、僕がオーオーと言いながら拾うのを手伝ってあげると照れ笑い、その後P子はよだれを流して大笑い、それにつられて僕も大笑いの一幕でした(^^)/
*タオルはただ肩に掛けているだけ
*いつもは自分で取る行為はしないので、出来ないと思っていた。

そうだ心配事が一つありました。
それは何度チャレンジしても排便が無かったこと(>_<)
2014/ 07/ 11( 金) 05: 48: 41| URL| キーやん# mB.BT9Ic[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • ホームページアドレス
  • コメント内容
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://mitakanfs.blog.fc2.com/tb.php/18-474b8263