【聞いて】 一人合点50

 てんしんさんのつぶやき

 ひとりがてん・「50」・「コンゴー・・」

 認知症予防に「ビール」 万歳。昼食にビールは理にかなっている。
 施設のメニューにはいるかな?。

 先ごろ、知事さんが 「特区を生かし、「コンゴー介護を」進める」 と熱く語りました。(Y紙)介護サービスの代金を、「国が負担・地方が負担、自己負担をまとめて請求するぞ・・」フーン、今までできなかったんかいな。介護保険でのサービスが増える訳でもないのだね。「利用者がハシャグこと」もないわけね。
 介護施設の成功事例に出てくるキーワードに「コンゴー」があるようですが、お年寄りと子供、弱い立場の人たちみんなまとめてコミニテイになる。
 コンゴーとはこんなこととの理解は「早トチリ」でした。
 先ごろ、「福祉士さんの退職を・・介護離職」と呼んで座布団1枚せしめたエライ人が居たようですが、
 この混合違いはタダのアホでした。
 コンゴノ介護はコンゴー介護。
 新語・流行語に福祉介護の関係語なし・・
 と、どうでもいい遊びにめくじら立てないのが大人。
 
 2016/ 11/ 28( 月) 12: 41: 20| URL| てんしん# -[ 編集 ]



認知症予防に「ビール」
ビールに含まれるホップの苦み成分に、アルツハイマー病の予防効果があるという研究発表があった。

混合介護
介護保険対象のサービスと保険外の自己負担のサービスを同時に提供すること。
現在、介護保険対象のヘルパーサービス等を利用すると、サービス内容に厳密な規則がある。
利用者本人の食事の用意はサービス対象になるが、家族の分の食事やペットの世話等は対象外で、混合介護が施行されれば、今まで対象外だったサービスを対象サービスと同時に受けられるようになる。
対象外サービスの価格、内容等は事業所に任されるため、事業所間の競争原理が働き、サービスの質の向上が期待されるとともに、弊害も懸念されている。

関連記事
スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • ホームページアドレス
  • コメント内容
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://mitakanfs.blog.fc2.com/tb.php/174-a1f239e1