【聞いて】 一人合点32

一人合点・32・「無届け」といういい方

師走。ゆっくり考える時間のない月です。
なんとかSPで「無届け介護ハウス」が1900余あるんだとか。
行政からみて「困った」「ケシカラン」のでしょう。
相談に行けば・・規則というブレーキを踏む窓口ばかり・・だったのではありませんか。
「在宅介護」を合理化・・すると「ケアハウス」のかたちになる?(またまたトンチンカンな発言)
つまり、問題は、介護の質を担保する方法を見つけられないことと思います。
介護の現場を注視する姿勢はありがたいですが、助かっているという利用者の視点も重視したいです。

2015/ 12/ 08( 火) 17: 27: 00| URL| てんしん# -[ 編集 ]
関連記事
スポンサーサイト
 

コメント

おそらく、てんしんさんと同じ番組を見た方がお書かきになったものがありました。介護業界にお勤めのようですね。

http://ameblo.jp/careplan-hikobae/entry-11979916238.html

※追記
よく見たら投稿の時期が全く違いますね。同じ番組ではないですね。大変失礼しました。ですが、内容的には近いと感じましたのでこのままにしておきます。
2015/ 12/ 23( 水) 10: 33: 45| URL| 編集係より# 2Q1Nccu2[ 編集 ]
 
師走ですね。急いで考えましょうか(笑)

てんしんさんの仰る通りだと思います。
利用する側にとっては、サービス内容と利用代金が主な検討材料で、認可の有無は一定水準を保障する(?)保険のようなものかもしれませんね。

介護の水準(それが保てるかは置いといて)と介護保険に拘らざるをえない行政。

今まさに必要な現実があるならば、利用する側にとっての良い施設は、認可無認可関係ありませんね。
2015/ 12/ 10( 木) 20: 02: 19| URL| 編集係より# 2Q1Nccu2[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • ホームページアドレス
  • コメント内容
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://mitakanfs.blog.fc2.com/tb.php/139-90d3517a