【投稿】 市民の居場所・カフェの訪問記(その1)

三鷹市内に市民の居場所や高齢者カフェが増えました。
各所を訪問して元気でおもしろいお話を伺ってきましたので、その一端をお届けします。 

社協・介護者カフェ、6丁目の家:Dさんのおじい様(100歳)の大活躍
昨年、99歳でNHKの素人のど自慢にご出演。見事、特別賞をとられました。
今も元気に歌っておられるとのことです

  sd.jpg
ほのぼのネット(なでしこ班)のお食事会:三人のご婦人たちの会話(連雀コミセン)
Aさん:あんた、いくつになった? 
Bさん:もう94才だよ。
Aさん:そうかい、あたしや96になったよ。(Cさんに向かって)ところで、あんたは?
Cさん:85才。
Aさん:若いね。あたしから見たら、まだ娘っ子だよ!
Cさん:なに言ってんの。威張っちゃって。
(79才の私をみて)あんたなんか、赤ん坊だよ。

三人とも冗談を言い合って楽しんでおられました。長生き万歳!
もちろん、毎日の生活にはご苦労や悩みも多いでしょう。
でも、それを乗り越えて明るく笑っておられる。
こうなると、年令は関係ありませんね。
すばらしき哉、人生です。

チームさくら(介護予防の会、6丁目の家):歴代世界最高齢の記録をもつフランス人女性について
ジャンヌ=ルイーズ・カルマンさんのおはなしを聞きました。
ギネスブック認定で、ちゃんと1875年2月21日付の出生証明書がある方です。
泉重千代さんの記録(120才185日)を破ったのも彼女です。
活発な人でフェンシングを85歳から始め、自転車は100歳まで乗ったそうです。1週間に1キログラムのチョコレートを食べ、20歳代から喫煙し、タバコに火をつけてくれる介護者のことを気遣って117歳で禁煙したと記録に書かれています。1997年8月4日に122才164日で亡くなりましたが、人類史上、大還暦(120才)を迎えたことが確実な唯一の人といわれます。
チョコとタバコが好きな方々、どうかご安心ください。


とても楽しいので、今後もこの訪問記を続けさせてください。 
記:福ちゃん(三鷹市福祉ファシリテーター)
関連記事
スポンサーサイト
 

コメント

編集部様、コメントありがとうございます。
 どの会もほんとうに和やかでしたよ。そしてみなさんお若い! 老いは年齢ではなく、気持ちの問題だと教えていただきました。
 7月も訪問を続けさせていただくつもりです。
2015/ 07/ 02( 木) 23: 46: 11| URL| 福ちゃん# -[ 編集 ]
 
ご投稿ありがとうございます。
各会の和やかな雰囲気が伝わってきます。時には堅いお話しもあるのでしょうけれども。
とくに、ほのぼのネットのお食事会の会話には面食らいました。みなさんお若いですね!
2015/ 07/ 01( 水) 06: 08: 40| URL| 編集部より# TILjgaXY[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • ホームページアドレス
  • コメント内容
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://mitakanfs.blog.fc2.com/tb.php/121-1271ce57