【見学 報告】 グループリビング 「みたかの家」 見学記

 6月3日にグループ・リビング「みたかの家」をみたか・NFSの仲間三人と一緒に見学させていただいた。大きな感銘を受けたので、その感想を記します。

gaikan.jpg
グループリビング みたかの家外観。隣と距離があるので日当たり良好♪

 
○志・情熱
 グループリビング(注1)の設立を目指され、今回の完成までの10年余、 様々な困難(場所の確保、資金の調達、行政の説得など)を一つ一つ粘り強く乗り越えられた竹内さんの崇高な志と熱き情熱に感銘を受けました。

situmai.jpg広々とした居室。収納スペースも十分。

○入居者への配慮
 ホームの中を見学させていただきましたが、建物の隅々(目が届かない所)まで「入居者の 命をお預かりしている」、「幸福な人生を送っていただきたい」との思いを感じました。介護の原点「介護者の視点に立ち介護者一人ひとりを大切にする」を学ばせていただきました。

ere toi
写真左)車いす等の利用も想定して、エレベーター設置。操作も簡単。
写真右)1階お手洗い。広いです。


kponn222.jpg
写真左)各居室に非常用ブザーがありました。
写真中.右)通気口設置。居室内にコンセントが3ヶ所も。「こだわりました。電気工事が大変だったみたい」


○三鷹の「宝」
 私は三鷹市の「宝」は人材であると思っています。今回竹内さん(注2)から直接お話を聞かせていただき、まさに竹内さんは三鷹の「宝」の中の「宝」であると思いました。 行政はこうした方を大切にし、耳を傾け、表彰すべきと思います。

gribi.jpg
建物を改築した際のこだわりがリビングの場所です。一番奥から一番手前の道路側にしました。
「通りがかる人に気軽に立ち寄ってほしいの。それに奥だと居室の前を通ることになるしね。」


 すばらしいお話を聞きながら建物内をじっくり説明いただき、その上、スイカまでごちそうになりました、私たちは手ぶらでしたので、次回伺う時はNFSとしてお土産を持参して行きましょう。

記事/H.T 2014.6.4


(注1)グループリビング:ひとり暮らしのお年寄りや老夫婦などが、気の合った仲間と助け合いながら共同生活をする暮らし方のこと。「グループハウス」とも呼ばれる。比較的健康な高齢者が主体で必ずしも介護者が同居するとは限らない点で、「グループホーム」とは区別される。旧厚生省が1996年から「高齢者グループリビング支援モデル事業」を実施。在宅介護支援センターを通じた生活サービスや、一定条件の下に1件400万円までの助成が行われる。(CatchUp提供不動産用語集より)

(注2) 竹内碩子さんとNPO法人HumanLoop 人の輪:広く高齢者を中心とした市民を対象に、地域に密着したグループリビングに関する事業を行い、前期・中期シニア世代の豊富な経験と知識を活かした社会貢献を可能にし、地域社会の一員として心身ともに自立した生きがいある生活環境作りを実施すると共に、後期シニア世代が、安心且つ安全に暮らすことの出来る社会実現の為、高齢者世帯への配食及び見守り事業、介護予防、訪問介護、家事援助等の介護保険法に基づく在宅サービス事業などの事業を行うことにより、豊かな地域社会の実現に寄与することを目的とする。三鷹市大沢一丁目2番37号理事長:竹内 碩子 (NPO法人設立目的より抜粋) ホームページはこちらから→クリック←

注釈の文責及び写真の説明文/みたか・NFSブログ編集係
関連記事
スポンサーサイト

コメント

おはようございます。(これはいらないですかね、代りになにがいいですか)トップの文字が白抜きになり読み易いです。
2014/ 07/ 02( 水) 08: 42: 39| URL| クーラー下# -[ 編集 ]
 
オッチョコチョイと早とちりのキーやんをお許し下さい。
H.Tさんの記事をウーさんと間違えていました。
申し訳ありません。
2014/ 07/ 01( 火) 17: 53: 02| URL| キーやん# mB.BT9Ic[ 編集 ]
 
良い見学会でしたね。
行政との折衝が苦労では困りますよね。行政担当者もとかく予防線をはったりブレーキを踏んだりしがちと思います。良い情報を提供して説得して、三鷹がリードする町のひとつになると良いですね。情熱と実績でよい仕組みを定着させる。応援したいですね。
2014/ 07/ 01( 火) 07: 58: 22| URL| そろそろ卒業したいの宮嶋# -[ 編集 ]
 
記事を読めば読む程感じ入りました。ウーさん、一緒に行った仲間として「ありがとう!」の気持ちで一杯です。
グループリビングみたかの家を造られた竹内さんの崇高な志と熱意と共に利用される方への安心・安全・利便・思いやりを柱にした企画力(事業設計・建設設計)と実行力には感服しました。
僕も今すぐ入居をして「食う寝る喋る、そして少しお手伝い」を確保したいのですが、何せ僕は「ますおさん」なので、心情的に暫くは家を守らなくてはなりません。開放されたら入居をさせて下さ~い。
竹内さんは信念の人、これまでお会いしたことがない程素晴らしく感銘を受けた方です。
毎日頂いているお弁当も、井口~牟礼と遠く離れているのに、「私達を求めている人が居るならやりましょう!」の言葉に甘えています。竹内さんありがとうございます。
2014/ 07/ 01( 火) 06: 51: 15| URL| キーやん# mB.BT9Ic[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • ホームページアドレス
  • コメント内容
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://mitakanfs.blog.fc2.com/tb.php/11-05ec7f3b