【聞いて】 一人合点・7

てんしんさんのつぶやき < 2014年2月 >
一人合点・13
謹賀新年・・今年のキーワードは「キューバ・・」?
「老人と海」の楽しみ方についての一考察のつづき。
ルアーを楽しむ若い人も多いですから釣り糸を「ライン」は自然でしょう。馬より大きい1500ポンドの巨大魚とつながっているのはライン・・訳すとやはり「ロープ」ですかね。福田さんの訳は「綱」ですが、こちとらのつり体験では「ラインはたかだかスズキさん」の感覚しかないのですが。「釣り糸」の表現も中魚まで、無理に日本語にしなくていいのかなあ。
つづく。
2015/ 01/ 05( 月) 09: 34: 43| URL| てんしん# -[ 編集 ]

一人合点13・5
「老人と海」の楽しみ方についての一考察のつづき。
ブログが寒さでか・・悴んでいるので・・駄文で参加。老人の敵役に「鮫」が登場します。経験豊富な漁師の中の漁師「老人」も一目置く「鮫」として「マコ・シャーク」です。背は青く、腹は白、美しく、ジエット機の様な機能美を持ち、恐れ知らず、海中時速70KMで泳ぐことが出来て外洋の王である。
こやつが最初の敵になります。老人が激闘の末仕留め漁船の傍らに括った、大魚「まかじき」の尾の方から襲いかかります。「尾の上の肉」に大口で噛み付きます。(鮫の嗜好ではここがうまいのですかね、赤身では無いとあるので、やっぱり旨いところなんだな。)
老人の必殺の一撃で大口で40ポンドほおばったまま
沈んで行くのです。(40ポンドなら一斗缶18キロです、一口ですよ)老人はある種の価値観でこやつは相手に不足はないと対等な立場を感じているのです。
しかし、鮫は鮫でもはるかに見下す連中と遣り合って
完全に敗北するときの老人の心中を読まなければならないのでしょうね。つづく。
2015/ 02/ 06( 金) 18: 09: 39| URL| てんしん# -[ 編集 ]
関連記事
スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • ホームページアドレス
  • コメント内容
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://mitakanfs.blog.fc2.com/tb.php/105-01a0181b