【予告と記録】 【日程の訂正】 9-10月の予定と8月のご報告

 当記事内の「9月一杯と10月初旬の予定」を訂正させていただきます。
 
 4) みたか・オレンジカフェ1(昼どき)の開催日時について、
 10月3日(水)14~16時とありましたが、
 正しくは、10月4日(水)14~16時に「みたか・みんなの広場」で開催します。

 なお、右の活動の予定欄においても同様の訂正をさせていただきました。
 心よりお詫び申し上げます。
 
 みたかNFS事務局


 8月が終わり9月になりましたが、カリブ海や米国南部を超大型ハリケーン(イルマ)が襲い、メキシコでは大地震、私たち日本人は北朝鮮の核兵器開発に怯えています。大変な世の中ですね。

rramed.jpg
ハリケーンイルマ ANNニュースより

 でも、「もし明日世界が終わるとしても、私は今日りんごの樹を植えるだろう(マルテイン・ルター)」 という言葉があります。どうか、ご一緒にみたか・NFSの活動などをこつこつと続けてまいりましょう。
 以下に直近の予定をお知らせします。また、ごく簡単ですが8月下旬と9月初旬の開催報告もさせていただきます。

9月一杯と10月初旬の予定
1) みたかNFS例会(サロン)
9月21日(木)13時半~16時に「みたかボランティアセンター」で開催します。


2) みたか・オレンジカフェ2(夕どき)
9月26日(火)19~21時に「みたか・みんなの広場」で開催します。


3) みたか・オレンジカフェ3(三鷹駅前)
9月27日(水)14~16時に「みたかスペースあい」で開催します。

4) みたか・オレンジカフェ1(昼どき)
10月4日(水)14~16時に「みたか・みんなの広場」で開催します。

unntttd.jpg

 日本にも 「明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい(樋田興夫)」 という言葉があります。上述のマルテイン・ルターの言葉と殆ど同じ意味でしょう。


8月末と9月初旬の開催報告と各回の要約
1) 8月のサロンは例年どおり、夏休み(休会)とさせていただきました。

2) 8月22日 オレンジカフェ2(夕どき)
親の介護をする前に読む本(東田勉)の勉強会

3) 8月23日 オレンジカフェ3(三鷹駅前)
三鷹市の訪問診療施設の現状について、一覧表をつくり討議。

4) 9月6日  オレンジカフェ1(昼どき)
三鷹市の訪問看護ステーションの現状について、一覧表をつくり討議。


以上 みたかNFS事務局 
スポンサーサイト

【予告】【更新】 9月21日(木)は、NFS定期サロンです

 みたかNFS定例会開催をお知らせします。
 本ブログ内記事 みたかNFSについて の趣旨にご賛同の方はどなたでも歓迎いたします。
 お気軽にお越しください。
 


 先般、「9-10月の予定と8月のご報告」でお知らせしたように、本日定例のサロンを開催いたします。通常の議題に加えて「がん哲学外来カフェ」についてお諮りしたいのと、認知症の簡易診断法を開発中のお話を専門家に伺う予定です。こぞってご参加ください。どうかよろしくお願い申し上げます。

 会場は、みたかボランテイアセンター(三鷹市上連雀8-3-10)の二階会議室です。文末のみたかボランテイアセンター案内図をご参照ください(大きな印)。

<平成29年度第5回 みたかNFS例会(サロン)次第>

日時:平成 29 年 9 月 21 日(木)13時30分~16時00分 
場所:みたかボランテイアセンター 三鷹市上連雀8-3-10 Tel 0422-76-1271                 
プログラム 
① ひと言・自己紹介(全員)
② 傾聴とご相談:はじめてご出席の方を囲んで
③ 聞いて・きいてコーナー(みなさんからのご報告と提案)
④ 事務局からの報告/みなさんのご意見
⑤ その他: 時間まで懇談       以上



unnamed.gif

 ※主催者の都合により延期もしくは中止させていただく場合があります。 

【読んで】  独りごと5

 らんまん君の独り言

 独りごと5 アウシュヴィッツ生還者 I.クリスタルさん(世界最高齢男性)の訃報

 110万人以上のユダヤ人が収容され、多くの人が虐殺されたアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所からの「生還者」として世界の変化を見届けてきたイスラエル・クリスタル(Israel Crystal)さんが、8月11日、静かに息を引き取ったと報じられました。113歳と331日の生涯でした。

 2a.jpg
    Israel Crystalさん

 私は、クリスタルさんの死去、というよりその長命に大きな感銘をうけました。というのは、上記のように彼はホロコーストを耐え抜いて生還し、その後も長く戦後の世界を見守ったからです。人間はこのように強烈で残酷な精神的・肉体的なストレスを蒙っても、長寿を全うすることができるのか。これが私の驚きでした。人間万歳! 

 ポーランド生まれのクリスタルさんは、アウシュヴィッツで二人の子どもを失いました。奥さんは生還されましたが、早くに亡くなりました。 釈放された時、彼の体重はわずか37キロしかなかったそうです。終戦から5年後、クリスタルさんは再婚した妻と、その間にもうけた息子とイスラエルへ移住し、菓子店を営み、平穏な暮らしをしました。家族にも恵まれ、現在は子供2人、孫9人、ひ孫32人が生存していると報じられています。ナチに勝ったと言えるのではないでしょうか。

 なお、クリスタルさんの死去に伴い、男性の世界最高齡者は北海道足寄町・野中温泉に住む野中正造(のなか・まさぞう)さんになりました。1905年(明治38年)7月25日の生まれで、112歳になられます。

 

【読んで】  独りごと4

 らんまん君の独り言

 独りごと4 神話世界の寿命 ― コノハナサクヤビメ

 ちょっと脱線だが、古事記に次のような話が書かれている。
 「日向に天孫降臨した ニニギノミコト は美しい乙女 コノハナノサクヤビメ (木花咲耶姫)を見染めて求婚した。父の オオヤマツミ (大山津見神)はとても喜んで、姉の イワナガヒメ (石長姫) と共に差し出したところ、ニニギは醜いイワナガを送り返し、コノハナとだけ結婚した。オオヤマツミは大いに怒り「私が娘二人を一緒に差し上げたのはイワナガヒメを妻にすれば天津神の御子(ニニギ)の命は岩のように永遠のものとなり、コノハナを妻にすれば木の花が咲くように繁栄するだろうと誓約を立てたからである。コノハナだけと結婚すれば、天津神の御子の命は木の花のようにはかなくなるだろう」と予言した。そのため、ニニギの子孫である天皇の寿命も神々ほどは長くないのである。」

  1a.jpg
 木花咲耶姫は富士山に鎮まる

 作者 おおのやすまろ (太安万侶)が何故こんなことを書いたのか、我々には知るよしもない。しかし、なるほど古事記にある天皇の寿命は旧約聖書のアダムの子孫よりずっと寿命が短い。比べると、アダム930、ノア950、長命の代名詞であるメトセラに至っては969歳・・に対して、神武127、綏靖87、安寧66歳・・という具合である。ひょっとすると「我が子孫の男どもよ、容色に溺れる勿れ」という やすまろ の教訓であろうか? なお、ネットのお陰で、古事記の原文、現代語訳ともに簡単に読むことができる。興味のある方はお調べください。それにしても、近頃、子孫である私たち日本人はかなり長命になりました。