【聞いて】 一人合点34

一人合点・34「夢を・・少し・・」

 いよいよ365日め、邪魔にならないように、捏ねんとしています。
 
 いろいろありました。
 土の微生物や細菌が人類の病気を治しました。
 ある地方の蟻や昆虫を常食している「カエル」は体内に猛毒を蓄積します。矢じりの毒です。
 知る人ぞ知る、「ヤドクガエル」赤・青・黄色、信号機みたいな色鮮やかで、観賞用ペットの人気も高いようです。札幌の動物園では「大変な努力で・・・」エサの「コオロギ」を養殖しているのだそうです。
 20年も以前から人類の食料を補完するのは昆虫食だ・・・と研究されていて、もうすぐ身近に現れるらしいです。
 「オハヨー・デイサービスのお迎えですよ・・・おじいちゃん今日のお昼はコオロギ味のハンバーグですよ・・」なんてね。
 養殖コオロギを食べた世代の「ヤドクガエル」は全く毒は無いとのことです。念のため。
 箸休めに「蝗の佃煮」なんて人も多いでしょうね。
 良いお年を。
 
 2015/ 12/ 31( 木) 11: 36: 01| URL| てんしん# -[ 編集 ] 
スポンサーサイト

【聞いて】 一人合点33

一人合点・33「流行語27年」

 忙中閑。
 大賞にならなかったですが「安心してください・・」好きです。
 続くフレーズが何であれ、みんなが待ち望んだ言葉と思います。
 「安心してください、あの大国が参加しました・・」
 「・・母君の入所待ちが1番になりました」
 「・・奥さんが看取りを快諾しました」
 「・・倅さんのDNAが一致しました」
 まだまだありますよ。
 「・・死ぬまで国が費用負担することになりました」これが1番とは「つまらん」です。

 なんとかSPが「特番介護」をやりました。意欲的です。
 43万人が反応しました。ない袖は振れない、みんなで考えよう・・よたよた立往生になりそうでした。
 年寄りさんよしっかり自己管理してください・・とは若い方からでした。
 ハイハイがんばります。
 良い事例を重ねて行こう・・
 「行政主導のボランティア活用」「町の人たちがみんな福祉・ヘルパー」
 ・・示唆に富むはなしもありました。休憩。

 2015/ 12/ 13( 日) 12: 36: 26| URL| てんしん# -[ 編集 ] 

【聞いて】 一人合点32

一人合点・32・「無届け」といういい方

師走。ゆっくり考える時間のない月です。
なんとかSPで「無届け介護ハウス」が1900余あるんだとか。
行政からみて「困った」「ケシカラン」のでしょう。
相談に行けば・・規則というブレーキを踏む窓口ばかり・・だったのではありませんか。
「在宅介護」を合理化・・すると「ケアハウス」のかたちになる?(またまたトンチンカンな発言)
つまり、問題は、介護の質を担保する方法を見つけられないことと思います。
介護の現場を注視する姿勢はありがたいですが、助かっているという利用者の視点も重視したいです。

2015/ 12/ 08( 火) 17: 27: 00| URL| てんしん# -[ 編集 ] 

【聞いて】 感情労働


◎感情労働

 感情労働という言葉をご存じでしょうか。 
 私は先日、ある講演会で初めて耳にしました。
 
 肉体労働は主に製造業、
 頭脳労働は主に研究職、
 感情労働は主に介護職。

 介護職にも肉体労働、頭脳労働の側面はあり、
 また他業種にもそれぞれが欠かせない要素としてあります。
 その上で介護職は感情労働。
 その言葉を聞いて、その通り!という実感を持ちました。

 介護職は、支援対象者の行動(発声等を含む)からその心理を推し量る必要があります。
 どのような精神状態で、何を求めていているのかを想像します。
 表出する行動はさまざまでも、その元となる心理は人として共感できるもので「みんな同じ」です。
 そのような発想をするには、経験と知識、ときに感情の抑制が求められます。
 また、感情は伝わるものですから、自らの感情を良い状態に保つことがプロとしての質、あるいは向き不向きを決めるのかもしれません。
 感情労働という言葉がぴったりだと思います。

・身内において

 講演は、職業としての介護の話でしたが、身内における介護の方がより感情の抑制が必要なのではないかと思いました。
 表出した行動の心理に共感を得たとしても、それに合わせた応対をするまでの感情のハードルは、職業としてよりも身内のほうが高く大きく、途方もないと思います。もちろん、感情のハードルの高さはそれぞれ違うのでしょうけれど。

 介護者も支援対象者も介護に係わりのない人も「みんな同じ」です。
 お互いに眼前の相手に対する感情があり、向きあう人によって感情が行動を変えさせます。
 職業としての介護よりも、桁違いに複雑な感情を積み重ねた身内であるからこそ、相手の心理に感づいていながらも、応対を先送りにし、せっぱつまらないと動けないことがあるかもしれません。しかし身内だからこそ、何気ない行動からかすかな心理に気づき、細やかな応対ができるとも思うのです。

 もしわずかでも、介護者の感情の支えになれるとしたら、
「行動の心理を説き、こうするべきと伝える」よりも、
「そうなんですね」「わたしはこういう経験があります」といった共感なのではないでしょうか。
 そして、共感が感情の支えになるのは支援対象者にとってもそうだと思います。

 「みんな同じ」
 感情の奥深さを感じた講演でした。

 文:テレビ前
 

【予告】 12月17日(木)は、NFS定期サロンです ( 21日は忘年会 )

12月に入り慌ただしくなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
くれぐれもご自愛くださるようお願い申し上げます。

さて、本便では12月例会(12月17日)と忘年会(12月21日)のご案内をいたします。
なお、例会での指ヨガ第2回は講師のご都合でとりやめになりました。
お詫びいたします。悪しからずご了承ください。

一方、忘年会は「三鷹・みんなの広場と関連団体」の忘年会に合流して行う旨、11月の例会でお決めいただきました。つきましては、ご参加の有無を至急・私(石村)までご知らせください。賑やかな忘年会になるものと期待しております。

         記
◆平成27年度第9回 みたかNFS例会
日時:平成27年12月17日(木)13時30分~16時ごろ 
場所: 三鷹市福祉会館 三鷹市野崎1丁目1−1 0422-46-1108
       プログラム 
① ひと言・自己紹介(全員)
② 傾聴とご相談:はじめてご出席の方を囲んで
③ 聞いて・きいてコーナー:みなさんからの報告と提案
④ あたらしくはじまる介護予防・日常生活支援総合事業(武蔵野市の場合)について
⑤ 新年会について
⑥ 懇談・その他:時間まで、以上        

◆忘年会(合同開催)について
日時:平成27年12月21日(火)
場所:12月21日18時 中華菜館(八百屋丸五手前)
会費:3,500円 + アルコールを飲む方は500円増
お願い:会場の都合上、ご参加の方は至急にブログ内メールフォーム、または電話にて石村までご一報ください。以上



大きな地図で見る
サロン(定例会)会場
三鷹市福祉会館 三鷹市野崎1-1-1(三鷹市役所敷地内)
TEL: 0422-46-1108~9
JR三鷹駅 南口7番乗り場から小田急バス「鷹54」系統(仙川行、晃華学園東行)で三鷹市役所前下車..
所用時間は約10分。市役所構内で係員に福祉会館とお尋ねください。