【聞いて】 一人合点・9

てんしんさんのつぶやき < 2015年3月 >
一人合点・「靴のおばけ」
 年度末ですね。みども個人の今年の10大ニュース一つ決定です。手稲山でスキーをやってきました。昔、独身時代は白馬黒菱を根城に励んだものですが、北海道育ちにはとても追いつけないことでした。貴やつらの「ゆくぞ・・」は直滑降のこと、本土の小生らはゆるゆるの斜滑降です。
 北海道の粉雪は埋もれたらふわふわで起き上がれない、窒息するとの伝説を憧れ、信じていました。
 手稲のコースは整備され、雪質サラサラ、目球を動かすだけで誰でもクリスチャニア・・でしたが、 そこで「転倒」そしてどうモガイテモ起き上がれない醜態となりました。ご想像のとおり「おなかの出っ張り」が第一原因と疑いないところです。
 そして、「靴」これは滑降レーサー用の前傾姿勢になるようにと、また、骨折するなら「すね・・」の方が直ぐ治る・・(問題発言)ようにと、くるぶしから「ズン」と立ち上がっているのです。大嫌いな靴でこれは「おばけ」です。くるぶしが少し撓うから起き上がれるのです。
 民宿からドタンバタンとゲレンデまで歩いたあのころから靴の進歩は止まっているのだ・・と判りました。
 おなかの出っ張りのせいではありません。
 醜態はあっても「北海道のスキーはすばらしい」でした。
2015/ 03/ 26( 木) 13: 43: 02| URL| てんしん# -[ 編集 ]

一人合点・20 「ゲートル・・」
プロ野球が開幕しました。
つまずいたチームのファンは辛い月曜日でしたね。
ズー・・とこれは「珍妙」だなあと思っていたのですが、野球の「ストッキング」の形状のことです。
些細なことが気になる悪い癖・・の人も多いらしく、 ネットで理解できましたよ。
つまり、ソックスは汗取りの綿、すねは保護する意味もあって「毛」を材料とする。遡れば「ゲートル」である。
ラクビーやサッカーは脛対策は必然でしょうが、野球ではどうですかね。
ズボン・・今はパンツ・・を足首まで引っ張らずに、
派手なストッキングを見せて疾走してもらいたいですね。
2015/ 03/ 31( 火) 11: 25: 24| URL| てんしん# -[ 編集 ] 
スポンサーサイト

【予告】 さようなら 駅前みたか・みんなの広場 ― カフェ移転のお知らせ

 3月18日の「夕どきオレンジカフェ」で駅前みたか・みんなの広場での全行事を終了しました。二年間、無償でお部屋を使わせて下さった三鷹市長(元)坂本貞雄様のご遺族に心から感謝申し上げます。ありがとうございました。この夜は4名の新しい方々が相談にお出でになり、最終回を飾る充実した会になりました。それぞれ、ご両親、お母さん、お父さんと妹さんの介護をなさっている方々と看護大学で介護を教えておられる先生(看護師さん)で、介護は人とケースによりさまざまなことを改めて考えさせられました。
 
 次回(3月27日)からの夕どき、昼どきオレンジ・カフェは、グループリビングみたかの家(下連雀4-5-19)で行います。NPO法人ヒューマン・ループのご好意で、その一室をお借りすることができました。駅前と同様の小さなお部屋ですが、これまで以上にアットホームな会場です。皆様のご参加をお待ちします。下に地図を示します。

      nitakanoie.jpg

アクセス:三鷹駅よりバス5分、仲町通りバス停下車 徒歩3分
      (小田急バス 鷹54、鷹55、鷹58、鷹63、京王バス 鷹64)
      三鷹駅から徒歩の場合はゆっくり歩いて約15分

なお、この地図にあるポストは交通障害になるとのことで最近除去されました。
以上(文責:編集係)

 

【聞いて】 一人合点・8

てんしんさんのつぶやき < 2015年3月 >
一人合点・15「象の墓場」
本ブログの常連さんがしばらく休むとのこと、早期復帰して下さい。待っています。
昔、信じていました。象は死期を感じると一人群れを離れ深山の底なし沼を目指し沈んで己の残骸を晒すことは無い。探検帽に半ズボンでこの墓場を見つければ、象牙の大小・いや巨大のものばかり、ゴッソリと見つけることができて、大金持ちになれる。
これがつくり話と知ったときの「なんという無残な失望、と絶望感」・・とは北杜夫さんの文章にある。
先日の例会で「りすシステム」の紹介がありました。
詳細は次の機会と承知しており、検討なくしての軽々しいガッテンは出来ない案件とは思います。
身寄りの無い独居老人の増加が現実ですし、生前の委託が法律的にも有効と決まれば、広い生活支援の仕組みは充実させることになりましょう。
「ひとさまに迷惑はかけたくない・・」子供には迷惑をかけたくない・・」との生き方は、すでに常識になっている。・・・ウーン・・
人様々としかいえないけれど、身近なひとに「頼むね・・」と寄りかかればいいのではないですか」
しばらくはこの線で行くつもりです。(だめかなあ)。
2015/ 02/ 24( 火) 11: 30: 05| URL| てんしん# -[ 編集 ]

一人合点・16・・「そして猫」
「老人と海」の楽しみ方についての一考察のつづき、
極悪な鮫どもとの戦いにケリをつけられ、早暁港にたどり着きます。ひとり帆柱と船具を肩に小屋までの坂道をよろよろと登ります。そして猫・・光のまだ当らない道路をドラネコが「猫なりに用事があるらしく・・」歩いて行くのを見ます。
確かに丸まっている猫、すっ飛んでいる猫、は目にするけれど、歩いている姿は「ビジネス」でもあるのかいという雰囲気ではありますよね。(用をたしにゆくんだ・・のいみではありませんが)
大の猫好きヘミングウイェさんが猫についてはこれだけです。どらねこが擦り寄ってくるような「老人」では無いと主張があるように思うのです。
つづく。
2015/ 02/ 26( 木) 09: 24: 49| URL| てんしん# -[ 編集 ]

一人合点・17「自分のお城」
先日の例会では「りすシステム」が話題でした。
独居の老人への予備軍であるとの自覚から、皆さん熱心でした。
子供版では無い「ロビンソン・クルーソー」にありました。「テーブル無しでは、書くことも、食事をすることも、そのほかのことも、気持ちよく出来なかった。」そして、最初の工作は大変な苦労しながら「机と椅子」を作ることなんですね。洞窟があり、ハンモックがあっても、彼の「城は」机なんですね。
介護付きの施設の標準装備を見ると、クーラー、ベッド、あとは個人が自由に持ち込めるらしいですね。
机派とソファー派とどちらが多いのでしょうかね。
8~10畳のスペースをみんな真剣に工夫しているのでしょうね。小さくても、自分の「城」を明確に意識できることは精神安定の「プラス」になると信じます。
もちろん、みんなが集まってなにかをやる大きな「机」も大切ですよ。
2015/ 03/ 04( 水) 17: 39: 30| URL| てんしん# -[ 編集 ]

一人合点・18「ため息の種」
キーヤンさん戻って嬉しいです。
当方、暇だから「ため息」でもつくかなあ・・
先日「50%を越えた・・」とテレビで取り上げていました。「男は黙って・わってやるさ」「勲章貰ったら・・できなくなる」と偉い男の人もいらした。
そう、新しいステッカーの紹介でした。
これって、ため息の種になりませんか。
考えすぎて心配です。将来、「かたくなに、嫌と言ったら」施設さんから「問題行動」と指摘されるんでしょうかね。・・ああ・・しもねただめよとボツかなあ・・。
2015/ 03/ 18( 水) 10: 29: 39| URL| てんしん# -[ 編集 ]