【投稿】 今、ユマニチュードに母を想う

 ユマニチュードは、近年日本にも取り入れられ始めたケアの技法でNHK報道などを通して知る人も多いと思います。この言葉はもともとフランス語で〝人間らしくある状況” を指します。つまりその人の〝人間らしさ” を徹底的に尊重しながら介護するという哲学に基づいています。具体的には150を超える実践技術から成り立っていますが、個々には昔から介護に用いられてきた技術であるにかかわらず、この哲学下に実践すると魔法のような効果をもたらすと言われています。
 今回、会員の杉本さんが下記の感想文をお寄せくださいました。掲載と同時に例会でのユマニチュードの解説をお願いしたところ、ご快諾を得ております。 記:編集局


   今、ユマニチュードに母を想う    杉本正隆

 私がユマニチュードに出会ったのは、母が亡くなった後でした。
 もし、ユマニチュードの技法がもっと早く確立され、我々にも伝えられていたらと残念です。

 この手法では、介護者から被介護者への一方的コミュニケーションが双方向性に改められ、介護者と被介護者が多くの意思を共有するのです。

 母の介護は、10数年前からスープの冷めない距離で行っておりました。そして、昨年他界。

 最初は認知症状も気にならない程度でしたが、2012年8月の深夜に嘔吐し、病院で14日間の安静をした以降、母の方がどんどん遠くに行くような感じがあり、イライラし不安そうな母をただ受け入れ、見守るしかありませんでした。

 今振り返ると、あの時ユマニチュードの哲学を理解し実践していれば、母の不安も軽くなり、もっと自然な笑顔が多く見られたのではないかと思います。

 人は、歩けなくなると安全な所に逃げることが出来ず、その場で守りに入るより仕方ありません。したがって、少しでも不安なことがあれば全てを拒否し、介護者にも敵対するような振舞いをするのです。母もそうでした。

 ユマニチュードは、被介護者の警戒心を刺激せず、その低下して行く認知力に合わせて、被介護者本位に介護を行う技法です。まず介護者が敵ではなく味方であることを認識して貰い、こちらの意図を共有してもらうことが重要なポイントです。

 もし寝たきりの患者さんでも、毎日20分間の立位でのケアが出来れば、次第に助け歩きが可能となり、次いで自我が確立されて警戒心も軽減され、介護者の意思を共有して遂には自分の意思で歩くことができるようになります。亡くなった母もそうなったかもしれません。   ー了ー

 

【ご案内】 9月18日(木) みたかNFS定期サロンのお知らせ

9月2回目の定例会は18日(木)にいつものボランテイアセンターで開催いたします。どうかお誘い合わせの上、ふるってご参加ください。

     ― <今年度第10回 みたかNFS例会> ―
日時:平成26年9月18日(木)13時30分~16時30分ごろ
場所:みたか・ボランテイアセンター

 
プログラム 
① ひと言・自己紹介(全員)
② 傾聴とご相談:はじめてご出席の方を囲んで
③ 聞いて・きいてコーナー:みなさんからの報告と提案 

みなさんいろいろな会合、講演会にご出席のようです。学ばれたこと、面白かったことなどを教えてください。
④ 協議事項
・みたか・NFSの公式ブログの発足とその後(ブログ編集係)
 お陰様でこの例会時には閲覧数1万に達する勢いです。益々多数のご投稿をお願いします。
・夕どきオレンジカフェ・三鷹の7、8月の報告と問題点(前回未了のため)
・今秋の予定について
 各イベントへの参加、また例会を充実させる方策を話しあいましょう(前回未了:全員)。
⑤ 勉強会
ご事情が許せば、杉本さんによるユマニチュードについてのお話(30分位)をしていただきます。
⑥ 懇談(時間まで)    以上

ボラセン地図
定期サロン 会場
みたかボランティアセンター 三鷹市上連雀8-3-10

お問い合わせは右欄のメールフォームからお願いいたします。

 

【投稿】 「認知症の妻(P子)と生きる」 9/1~

キーやんが綴る妻P子との日々 < 2014年9月1日~10日 >
2014/ 09/ 2(火) キーやんはホッ!しました
30・31日と訪P子が出来ず。
訪P子を2日間連続して出来なっかたのは初めてで、不安に思いながらフロアーのドアを開けると、少し離れた正面のスタッフの側にいつもの様子でたたずんでいました。
「P子さん~、おはよう!」と声掛けするとこちらを振り向いてニッコリ、声は覚えている(^^)。近づくと更にニッコリ(^^)、僕の顔も覚えている(^^)。
僕の心配は吹っ飛びました(^^)/
自室に戻ってハグするとハグが返っていつものP子。2日間とも穏やかに過ごして居たようです(^^)/
ただ、廊下を散歩してて人に会った時、その方を思い出そうとしているのか?P子の顔の表情と挨拶がよそよそしい。特に女性(いつも声掛けしてる方達)に会うと更に感じて、これは何んだ??(^^;)

CIMG0111そふと
自室にて二人でおやつを食べる

2014/ 09/ 3(水) P子に不安兆候か?
昨日の訪P子時、離れた所から「P子さん!おはよう~!」と声掛けすると振り向くが笑顔はない。日中も一昨日と違って、声掛けに答えるが笑顔が少ない。ただ一人お喋りは頻繁。
一昨日のコメント最後の「これは何んだ??(^^;)」の疑問から思うと、感受性の低下からコミニュケーション力が衰えてきているのか心配。
一過性のことなのか?何かの予兆か?

今日から3日間、所用のために訪P子が出来ません。
先般、初めての2日間連続の訪P子を休みましたが、今回は3日間連続の休みで色んなことが気に掛かります。
 
【投稿】 「認知症の妻(P子)と生きる」 9/1~の続きを読む

【聞いて聞いて】 数独に関する番外編

かみさまほとけさま 数独に関する話
http://mitakanfs.blog.fc2.com/blog-entry-50.html
楽しみ発見 続・数独に関する話
http://mitakanfs.blog.fc2.com/blog-entry-54.html
数独に関する番外編です、最初に「小さな運をここで使いたくない・・」など口走りましたが、反省・尊大でした。一円でも拾わせて貰い今日はよい日だった。 と、します。パズルの解答返信ハガキの出し方を報告します。
まず、早く出す。二番にならないくらい早くポストに入れる。日曜日の朝一の仕事です。(オムツを替えたらまずハガキ)・・先着順のケースに対応・・
二番目、コメントを必ず書く、2行くらい、・・選者が人でアル場合に情、琴線をくすぐる。
三つ、重いハガキにする。(扇風機で飛ばし残ったハガキを当選とする・・昔の神話を信じている・・)
四つ、手触り変だ、と思わせる。具体的には、20円の古いハガキに切手を2円、30円と二枚張る、結果的に重くもなる。肩も小さく折っておく。
五つ、幸運をひたすらいのる。ウンは大に限る?
もし、めでたく、商品券をゲット出来れば以上の効果であると、まちがいなく判定できる。のです。
以上実践報告でした。(記/てんしん) 

【学ぶ君のノート2】 ♯4~5 介護は自分のできることを

二人の母親の介護に学ぶ ♯4ページ:介護する人が変われば介護される人も変わる
 母の介護は最初は義務感でおこなっていましたが、続けていくうち段々喜びに変わっていきました。私の意識が変わることにより、母はいつも笑顔が満開で、毎回楽しい思い出を刻んでいます。 記/学ぶ君

二人の母親の介護に学ぶ ♯5ページ:介護は自分のできることで参加する
 実母の場合の私の介護担当は、私の得意分野の傾聴、朗読、唱歌などです。義母の場合は、介護は妻がしていますので、私は、妻の心のケア(妻の愚痴などを傾聴する)を中心に、ごみだし、買い物など頼まれたことをおこなっています。すこしでも参加することで介護者同士の信頼が生れてきています。記/学ぶ君


ノート2冊目 ♯1ページ http://mitakanfs.blog.fc2.com/blog-entry-43.html
ノート2冊目 ♯2,3ページ http://mitakanfs.blog.fc2.com/blog-entry-44.html
 

サロン余話 < 夏の過ごし方 >

 そろそろ秋を迎える時期になりました。
 今年の夏はいかが過ごされたでしょうか。

 近所の小学校の校庭は、今年も夏休みのラジオ体操で賑わっていました。
 ちょっと調べてみました。
 「ラジオ体操会は、1930年7月21日に神田万世橋署の面高巡査が、子供達が夏休みを楽しく過ごせる様にと千代田区神田佐久間町の佐久間公園で「早起きラジオ体操会」を実施したことが起源と言われ、(wikiより)」
 びっくりするほど長い歴史がありました。当初は国民保健体操という名前だったそうです。
 私が小学生の頃にも毎朝校庭へ通った記憶があります。ラジオ体操の後、カブトムシとり、その後ザリガニとり、気分転換にセミとり。ひたすら捕獲に精を出す毎日でした。
 もちろん夏休みの宿題もありました。虫に囲まれている私に母は、「子供は勉強するのが仕事でしょ。虫に囲まれてばかりいないで宿題をしなさい」と言い続けましたので、負けずに言い返し続けました。「家庭に仕事は持ち込まない主義なのだ」と。

 さて、先日の定期サロンは、7月半ば以来の開催で久しぶりの顔合わせになりました。
 近況報告の < 夏の過ごし方 > が十人十色でとても面白かったです。
 家人が旅行で不在なのが極楽。禁じられている肉類をふんだんに食べるために外食を重ね、中でも場末のラーメン屋のヤキニク・ライス(550円)が旨くて3回も通い、牛丼屋のうなぎ丼(千円少々)も安い割に不味くなかった話江戸小話を市内施設で披露し大好評を得た話が愉快でした。

 そして、夏の過ごし方大賞は… 
サロン余話 < 夏の過ごし方 >の続きを読む

8/29開催のオレンジカフェと9/2開催の例会のご報告

 先日、開催しましたオレンジカフェと定期サロンの報告をいたします。

1) オレンジカフェ
開催日時:平成26年8月29日(金) 14:00-16:00
   場所:みたか・みんなの広場
 参加者:8名

 和室6畳強にちょうどよい参加人数でした。 ひととおりの自己紹介の後、主にお母様を介護中のお二人からお話を聴きました。
 いくつもの困難な条件にも関わらず、お二人とも一生懸命に考え行動なさっていました。真面目な方々でその分、深く悩み、自分を責めることもあるようです。お集まりの方から、自分の経験を引き合いにした気の持ちようや、今現実的に最優先すべきことなどが話されました。多少なりともお心が軽くなられたのではないでしょうか。
 美味しいドリップコーヒーを淹れてくださったみたか・みんなの広場のSさん、ありがとうございました。なお、次回のオレンジカフェは右欄「活動の予定」でご確認ください。


2) 定例会(サロン)
開催日時:平成26年9月2日(火) 13:30-16:30
   場所:みたかボランティアセンター
  参加者:12名


 8月中は夏季休暇をとったため、7月17日以来久しぶりの定期サロン(今年度第9回)です。7月17日は介護者談話室(みたか社協主催)と合流しての施設見学でした。
 よく見知った顔ぶれが揃ったこともあり、近況報告「どんな夏を過ごしましたか」から始まりました。皆さんの夏の過ごし方が十人十色でとても面白く、改めて「聞いて聞いてコーナー」でご紹介したく思います。
 懇談が盛り上がったあとで協議事項に入りました。 
8/29開催のオレンジカフェと9/2開催の例会のご報告の続きを読む

楽しみ発見

前回、「かみさまほとけさま」
http://mitakanfs.blog.fc2.com/blog-entry-50.html 
数独に関する一考察のつづき
 問題集を一冊購入しました。この前の本は約50日で解答。中級レベルが品切れらしく、「上級」111問648円、どんどん解答できてストレスにならない程度が「認知症予防に」お勧め・・・らしい。人生の教訓・明らかに誤りに遭遇したとき・・すぐ引き返せ。 登山では鉄則ですね。数独では「消しゴム使え」です。出直すと早い。です。人生でも使える手法ならどんなにたのしいか・・どらえもんよ秘密兵器貸してくれ。
 数独、パズルの魅力はやはり「達成感・・」でしょうね。勝負事なら勝ち負けのほかに、手順をつくして大石を放るとか、詰めろ詰めろで投了の時間ですよと上目で見るとか、の楽しみがありますが数独は違うんです。きのこ採り、栗拾い、に似て、ここにある、あそこにあるぞ、と進む。一番ピッタリなのは、ゴルフで 超ロングパットが「ラインに乗って・・伸びて・・見事にコトンとカッイン」したような感覚があるんです。(テレビではここで・・個人の感覚・・とでます)ね。つづく。

 このパズルは地域のコミュニテイのつながりそのもの・・に思えるのです。(こじつけないと本ブログの趣旨からズレル?)指定席を選ぶパズルなんですが、自分の町内(解かり易く小さな単位を町内とします) の席の収まり具合・全員指定席を得る、ためには隣の町内、その先のご町内のそれぞれのご都合や指定の収まり具合が必須・・なのです。一人だけで、自分の居場所・指定席はここだ・・と、がんばれないのです。人道当たり前なんですが、どれだけ遠くの事情を正しく見ることができるか・・高齢者の自らの戒めとしたいですね・・おわり。(記/てんしん) 

【学ぶ君のノート2】 ♯2~3 介護は人生の大事業

二人の母親の介護に学ぶ ♯2ページ:介護は人生の大事業
 現役時代、仕事では、それなり頑張ってきましたが、実際に介護をしてみて、一人の人の介護の大切さと偉大な事業であると実感しています。介護は男性にとっても、やりがいのある仕事だと思います。

二人の母親の介護に学ぶ ♯3ページ:介護は人を優しくする
 私は、母親の介護を通し人に対して優しくなったと実感しています。だれにも優しい心があり、その優しさを引き出すのが介護の活動であると思います。記/学ぶ君

ノート2冊目 ♯1ページ http://mitakanfs.blog.fc2.com/blog-entry-43.html 

ご挨拶:正式ホームページのスタート

 9月1日から本ブログは三鷹認知症家族支援の会の正式ホームページとして発進いたします。どうかよろしくお願い申し上げます。
 6月来、仮ホームページとして皆様のご意見を伺っておりましたが、幸いにもご好評をいただきました。投稿数・閲覧数ともに予想以上に多く、8月31日現在、前者は266通(記事+コメント)、後者は5367回でした。地味な分野の活動ですから、必ずしもこれらの数字が大きい必要はありません。しかし、少なからぬ方々にご覧いただいたことは大きな励みになりました。会員の賛同を経て、本日より正HPとする次第です。
 どうか本会の趣旨(カテゴリ:みたかNFSとは?)を再度お読みいただき、手記・ご意見等の発信手段、情報交換の場としてご活用ください。これら記事に対するコメントも重要です(8月31日現在223通)。今後も多数お寄せください。また、多少なりともお楽しみをいただけるように、聞いて聞いてコーナー、つぶやき、今日の一言なども設けております。メールフォーム(編集係に直行し画面には現れません)もご利用ください。質問やブログを一層楽しくするためのご提案を頂ければ幸いです。
 今後、より充実した楽しいブログにするべく努力いたします。皆様のブログです。どうかご参加(投稿、提案、つぶやき等)をお願いいたします。なお、当ブログは現在2名で編集しており、ご一緒に編集してくださる方を探しております。よろしければブログ内右下のメールフォームで、あるいは080-6627-3551 yishimura@jcom.zaq.ne.jp(石村)まで直接御連絡ください。
三鷹・認知症家族支援の会 ブログ編集係

追記:次回更新より〝本ブログの使い方:やさしい解説シリーズ“を連載いたします。よろしくお願いいたします。以上