【投稿】 他人(ひと)の眼、自分の眼

 桜田丸彦さんより、ご投稿をいただきましたので紹介いたします。


  他人(ひと)の眼、自分の眼

 私の脚はマリオネットのそれのように、膝から下がぐらぐらして定まらない。だから歩く時は二本の杖を使う。一つはロフストランドクラッチという腕を支える環がついた杖で、これを左手に、右手は普通のステッキタイプを用いる。
 こういう恰好で雨が降らない限り毎日午前午後、ほぼ400米ほど、自宅の前の道を歩いている。当然のように隣近所の方々と会うことになり、黙礼であったり、簡単な挨拶、時には立ち話をすることになる。
 出来れば誰にも会いたくない。会っても黙礼ぐらいですませたい。しかし、そういうわけにいかないというのがご近所づきあいというものである。
 歩き始めた頃、殆どの人たちは脳梗塞の結果だと思っていたらしい。まぁ、ごく普通の認識だと思う。しかし、そうではない。歩けなくなったのは頸椎損傷のせいである。
 2012年の夏の終わり頃から首の痛みがますますひどくなり、10月に入ると杖なしでは歩けなくなった。そして11月にはもう一歩も歩けないという状態に陥りその月末に手術。病名は「頸椎症性脊髄症」。頸椎の椎間板の損傷による脊髄の機能不全である。
 手術の後、三ヶ月のリハビリを終えて後は自宅での自主リハビリというわけだが、三年半を過ぎても歩行不全は改善していない。
 「頑張っていますね。頭が下がります」とおっしゃるご婦人。「回復したら海の公園までお供しますよ」とおっしゃって下さる男性。以前は黙礼すらしなかった少し離れた家の奥さんからの声かけなど、他人の同情と優しさが私には煩わしい。
 以前、東京で開いていた句会を欠席せざるをえなくなり、ネットでの参加を申し出ると、仲間がわざわざ近くまで来てくれることになった。最寄りの駅までタクシーで行き、私鉄で五つめの駅まで娘が同伴して会場に出かける。特急は混んでいるから各停に乗り、帰りはタクシーである。混んだ電車に乗って座席を譲られるのを期待するように思われるのが嫌なのである。
 時々、自宅の廊下の片隅にある鏡に自分の全身を映してみる。そこには80歳の年老いた男が、腰に力を入れてやや前かがみの姿勢で両脚を少し開き気味に立っている。猫背である。人の眼に、この老人はどのように映るのだろうか。
 年月が経ったからといって日々良くなるわけではない。逆に、以前は800米ほど連続歩行が出来たのに、最近は400米少しで、歩行力が後退していると思っている。筋向いのご主人に「以前より良くなりましたね」と言われて、「その逆です」と答えると彼は申し訳なさそうに首を傾げ、以来、挨拶だけになってしまった。彼の励ましを無にしてしまい後悔したが、なぜか、調子を合わせることが出来なかった。そして、彼にとっては所詮他人事で、それが当たり前のことだと思うのである。
 自分は狷介になってはいないか。意地っ張りになってはいないか。絶えず自問自答しているが、これも他人から見ればどういうことになるのか、私にはわからない。
 時々、いとも軽やかに歩いている夢を見て「あっ、歩けるじゃないか!」と言って目が醒めることがある。この夢は生きている限り見続けるだろうと思う。

記/桜田丸彦

uu.jpguud.jpg
ロフストランドクラッチ wiki より(編集係:注)

 
スポンサーサイト

【投稿】 市民の居場所・カフェの訪問記(その1)

三鷹市内に市民の居場所や高齢者カフェが増えました。
各所を訪問して元気でおもしろいお話を伺ってきましたので、その一端をお届けします。 

社協・介護者カフェ、6丁目の家:Dさんのおじい様(100歳)の大活躍
昨年、99歳でNHKの素人のど自慢にご出演。見事、特別賞をとられました。
今も元気に歌っておられるとのことです

  sd.jpg
ほのぼのネット(なでしこ班)のお食事会:三人のご婦人たちの会話(連雀コミセン)
Aさん:あんた、いくつになった? 
Bさん:もう94才だよ。
Aさん:そうかい、あたしや96になったよ。(Cさんに向かって)ところで、あんたは?
Cさん:85才。
Aさん:若いね。あたしから見たら、まだ娘っ子だよ!
Cさん:なに言ってんの。威張っちゃって。
(79才の私をみて)あんたなんか、赤ん坊だよ。

三人とも冗談を言い合って楽しんでおられました。長生き万歳!
もちろん、毎日の生活にはご苦労や悩みも多いでしょう。
でも、それを乗り越えて明るく笑っておられる。
こうなると、年令は関係ありませんね。
すばらしき哉、人生です。

チームさくら(介護予防の会、6丁目の家):歴代世界最高齢の記録をもつフランス人女性について
ジャンヌ=ルイーズ・カルマンさんのおはなしを聞きました。
ギネスブック認定で、ちゃんと1875年2月21日付の出生証明書がある方です。
泉重千代さんの記録(120才185日)を破ったのも彼女です。
活発な人でフェンシングを85歳から始め、自転車は100歳まで乗ったそうです。1週間に1キログラムのチョコレートを食べ、20歳代から喫煙し、タバコに火をつけてくれる介護者のことを気遣って117歳で禁煙したと記録に書かれています。1997年8月4日に122才164日で亡くなりましたが、人類史上、大還暦(120才)を迎えたことが確実な唯一の人といわれます。
チョコとタバコが好きな方々、どうかご安心ください。


とても楽しいので、今後もこの訪問記を続けさせてください。 
記:福ちゃん(三鷹市福祉ファシリテーター)
 

【投稿】 キーやん氏のインタビューが地域情報誌に掲載されました

NFS(みたか・認知症家族支援の会)会員で、
本ブログに「認知症の妻(P子)と生きる」を掲載中のキーやん氏が、
三鷹市が発行する地域情報誌からインタビューを受けました。

ぜひ、ご一読ください。 記/編集係

201月60号コーヒー入れて
「コーヒー入れて」60号 表紙

「コーヒー入れて」とは…
三鷹市が1993年から年に2回発行する、男女平等参画を考える情報誌です。
市内の公共施設等で無料配布されている他、インターネットでも閲覧できます。
詳細は三鷹市のホームページをご覧ください。
http://www.city.mitaka.tokyo.jp/c_press/051/051213.html

201月60号コー
キーやん氏のインタビューページ


以下、掲載ページの分割版です

1.jpg
   前置き(紹介)文

2.jpg
3.jpg
4.jpg
インタビュー本文

5.jpg
グラフ 1,2


 

【投稿】 「認知症の妻(P子)と生きる」 2015/4

キーやんが綴る妻P子との日々と想い出、身の回りのこと < 2015年3月 >
◎何が幸い!何が災い!
「何が幸い?何が災い?」になるか予測ができる人生が送れたらいいな~!
“災い”にぶち当たり、悩んで悩んでいるここ頃(>_<)
ただ“幸いの人生”を歩んでいるのはP子のおかげ!!
社会活動を楽しんでいる人!
楽しいひと時を共有できる人!
反省の小石を投げてくれる人!
恵まれた生活環境に身を置いて励ませれて道を照らして頂いて歩んでいく道です(^^)/
P子に感謝の日々です(^^)
ガンバルぞ~!!
2015/ 03/ 13( 金) 06: 56: 10| URL| キーやん# mB.BT9Ic[ 編集 ]

◎パーソナルソングの驚き!![2015.3.15]
過日、映画「パーソナルソング」を観て驚きを持って見入りました。
音質の良いヘッドホーンを友人から頂き、その翌日、P子にヘッドホーンを着けてP子が20歳台の若いとき大のフアンだった石原裕次郎の歌のCDを聞かせ始めて直ぐに嬉し涙を出して大泣きして、声にならなかったですが口ずさむというヘッドホーン効果に驚きました(^^)/
<僕が「P子さん~、懐かしいの?」と聞いたら頷いたので喜びの涙であることは間違いないです。>
その後に童謡のCDを聴かせると小さな声で歌い足でリズムを取り始めました。
他の曲のCDでは目を閉じて穏やかな顔をして聴き入っていました。
アルツハイマー病の人にヘッドホーンによる脳振動が過去のことを思い出したり、気持ちを穏やかにする効果があることは確かな様です。

「人を思う心、心ときめかすことは活力となり、最高喜び!!」
2015/ 03/ 16( 月) 06: 18: 00| URL| キーやん# mB.BT9Ic[ 編集 ]

◎「コーヒー入れて」が発行されました[2015.4.1]
私のインタビュー記事掲載の、企画・編集;三鷹市 平和・女性・国際化推進室の「コーヒー入れて」が発行されました。
タイトルは「女も男もみんなで分かち合おう介護のこと」

多分、市役所・福祉会館・協働センター・コミセン・包括センター・郵便局等に置いていると思います。
2015/ 04/ 01( 水) 06: 20: 06| URL| キーやん# -[ 編集 ]

「コーヒー入れて!」とは…(編集係より)
三鷹市が1993年から年に2回発行する、男女平等参画を考える情報誌です。
http://www.city.mitaka.tokyo.jp/c_press/051/051213.html

 

【投稿】 「認知症の妻(P子)と生きる」 2/24

キーやんが綴る妻P子との日々と想い出、身の回りのこと < 2015年2月 >
◎話題のない平穏な日々!![2015.2.12]
 スタッフさんの笑顔の声掛け、キーやんの空気的存在でか?P子は生活空域帯を安定飛行(^^)/
 3・4日と介護仲間と熱海温泉の湯に体を休め、次の日はモア美術館で国宝級の作品を集めた尾形光琳展と梅咲く早春の光を浴びて久々に自分思いとパワー充電のいい日を過ごしました。Pへのお土産は可愛いおひな様(^^)
 5日の朝は顔を合わせて「P子さん~おはよう~!」と声掛けしても無表情で応えず。ルーチンの時は涙顔、その日は笑いも笑顔も一人お喋りも少なかったけど安心したのか?自分の世界で穏やかに歩き続けていました(^^;)
 6日の訪P子の朝、ハグをしたら笑顔でハグを返して「こんなことをして~!」の発語に見つめ合って足踏みダンス(^o^)
 7日92歳のお婆ちゃん新入所者に色々と褒められて嬉し泣き。ヒョッとしたらキーやんへの感謝の涙かも!?
 8・9・10・11日とP子は乱気流もなく安定飛行(^_^)v
*過日、看護スタッフグループから「認知症の人の看取りを考えるフォーラム」に誘われ同行することを約束。また別に介護職スタッフグループから認知症映画「パーソナルソング」を誘われ同行することにしている。園でのキーやんの行動や発言が園のスタッフさん達に仲間として受け入れられて来たのかな~(^^)/

「人の世は努力してこそ広がる輪。地道な日々のご褒美か!?」
2015/ 02/ 12( 木) 06: 39: 33| URL| キーやん# mB.BT9Ic[ 編集 ] 
【投稿】 「認知症の妻(P子)と生きる」 2/24の続きを読む