【聞いて】 一人合点56

 てんしんさんのつぶやき

 ひとりがてん・56「で・た・か」

 パソコンが「ドッグ」入りしていて何かと不便でした。
 「・・・出てきた出てきたこんにちは・・・」今、子育てママさんの仲間で大うけですね。(東京ハイヂさん)
 あの頃、嫁さんと一緒に「おばあちゃん」の腰をさすり下ろし、その効果か、また、昨日の多めの散歩の効果か、はたまた、「整腸剤多め」の介護士さんの判断の効果か、ともあれ、「便秘対策チーム」の大勝利、「テニスボール大の奴」が出たでた、そして皆で「良かった良かった」と介護の一コマでした。
 「口から入れる➡運動する➡とにかく出る」日常当たり前のことが、「言うは易し・・」なんですね。 (なお、幼児の便秘のことではありません、念のため。)

 2017/ 04/ 24( 月) 11: 32: 01| URL| てんしん# -[ 編集 ]

 
スポンサーサイト

【聞いて】 一人合点55

 てんしんさんのつぶやき

 ひとりがてん55・「理由・・」
  
 思わぬ時に「拍手」が一つ増えてヨシヤルゾと「参加」です。
 先日の「例会」で「今年の方針」が縷々語られました。一同気持ちを一つに協力し合いましょうね・・となりました。
 集まりに参加する理由はなんだろうな・・と身どもの場合に置き換えて考えました。いろいろ数え上げられますが、2番目には、「広い意味で・ためになる」からだ。です。専門的な話、この分野でどんなに長く実践されて来たか、とか、人間の生き様を伺い知る場面が沢山あるから・・です。時々お饅頭にありつける・・(ほとんど無しですが)とか、淑女の立ち居振る舞いに見惚れる・・(たまに・・ですが)とか、お酒もどきが並ぶ・・(今年は増えそう・・)とか、試供品のお土産がある・・(たまたま)、それぞれありましょうが、「ヒマ・・」だからなんぞはラストに小文字で書くしかないですね。(つづく)

 2017/ 02/ 02( 木) 13: 41: 34| URL| てんしん# -[ 編集 ]
 

【聞いて】 一人合点54

 てんしんさんのつぶやき

 ひとりがてん・54「七福神巡り」

 平穏なうちに新しい年となりました。
 めでたいことでありました。
 「様」を取られてめいっている「神様を元気にする会」を編成して七福神、今年は「亀戸七福神めぐり」をしてきました。
--あまねく目をお配りになされ、「天の配剤」をお示しください、「バチあたりメ」にお灸を・・ア、お賽銭を追加しました・・お元気なことをお示しください--と祈りました。
 日和良し、どこからも「スカイツリー」が借景となり
 完成した「色紙」もなかなかの「味」であり、メンバーは「大吉」を当て、7000歩の健康散歩、めでたいことでありました。 (なお、「・・天の配剤不足いうべからず・・」とあります)
 
 2017/ 01/ 11( 水) 11: 27: 49| URL| てんしん# -[ 編集 ]
 

【聞いて】 一人合点53

 てんしんさんのつぶやき

 ひとりがてん・53「おれのとはちがうなあ」

 これから流行させたい言葉を並べて姦しいですが、「俺のとはちがうなあ・・」です。拍手している人が20パーセントもいらっしゃる。びっくりです。大歓声のなかで、興奮のあまり「噛んだ・・」のか、聞き誤ったのか、「女将さん・・」だったのか。はともかく、日本語の「美しさ」とか、「調べ」とかの「ものさしを」へし折った「記念日」となりましたね。
 言葉を大切にする立場の人たちが「合議して」いたとは信じられないのです。
 今年は小生の人生の「ものさし」が狂ってしまったのではないかと思うことが再三ありました。
 私の今年の漢字は「狂」です。  
 来年は、「グループ」の中で、「村」の中で「修正」の動きが出るはず、自浄の「浄」を来年の「漢字」に予告して、「鬼」さんにも笑って貰おうと思います。 (ビスケット割れたるものは食らうのみ、壊した日本語新語とて、売る) ・・・没。

2016/ 12/ 14( 水) 16: 18: 32| URL| てんしん# -[ 編集 ]
 

【聞いて】 一人合点52

 てんしんさんのつぶやき

 ひとりがてん・52「チャブ台」

 掃除するからね・・の声に押されての散歩に出発。
 無料と知っているギャラリーを訪問。
 たまたま、「子供の絵、工作展」らしいのがが開催中、フムフム・ナルホドと周り、工作品の一つ、「ちゃぶ台返し・・」がある。手車をグルグル回し、ゆっくりとちゃぶ台が反り返る。ウーン・・。
 悪いことは早く体験させる・・教育方針なのだな・・・学校にはちゃぶ台があるのだな・・
 しつけ熱心の家庭は中古のチャブダイが欲しいのだな。・・と思考はスライス。
 としよりの入口の人たちからツッコミが来る。
 「なに、トンチンカンなことを言っている。ゲームセンターに行ってみろ。4人でできる (チャブダイ返し対抗戦) が、ダー・・と並んでいるぞ」 ある種の条件、例えば、バッツキャローフザケンナ・・とか、バーンとたたく音の大きさとかで、チャブダイが遠くへ跳んで行く、67ヤードか、メートルかの記録もあるらしい。卓上に「なんとか用語きそなんとか」の新版をのせると少し距離も伸びる・・とは真偽あやしい。  つまり、としよりたるもの、たまには「センター」に行き、やり残したことをやっておこう・・でした。
 散歩の流儀4、ただめぐり散歩の、報告おわり。

 2016/ 12/ 06( 火) 18: 17: 03| URL| てんしん# -[ 編集 ]



超・ちゃぶ台返し
 株式会社タイトーがゲームセンター用に制作したアーケードゲーム。
 実際にちゃぶ台をひっくり返し、壊れた物の「被害総額」、飛んだ物の「最高飛距離」、特定条件を満たした際の「秘技」によって得点を競う。