FC2ブログ

【予告】 12月20日(木)は、NFS定期サロンです

 みたかNFS定例会開催をお知らせします。
 本ブログ内記事 みたかNFSについて の趣旨にご賛同の方はどなたでも歓迎いたします。
 お気軽にお越しください。
 
 ※内容の詳細が決まり次第、このページにてお知らせします

 会場は、みたかボランテイアセンター(三鷹市上連雀8-3-10)の二階会議室です。文末のみたかボランテイアセンター案内図をご参照ください(大きな印)。

<平成30年度第9回 みたかNFS例会(サロン)次第>

日時:平成 30 年 12 月 20 日(木)13時30分~16時00分 
場所:みたかボランテイアセンター 三鷹市上連雀8-3-10 Tel 0422-76-1271                 
プログラム 
① ひと言・自己紹介(全員)
② 傾聴とご相談:はじめてご出席の方を囲んで
③ 聞いて・きいてコーナー(みなさんからのご報告と提案)
④ 事務局からの報告/みなさんのご意見
⑤ その他: 時間まで懇談       以上



unnamed.gif

 ※主催者の都合により延期もしくは中止させていただく場合があります。
 
スポンサーサイト

【予告】 11月15日(木)は、NFS定期サロンです

 みたかNFS定例会開催をお知らせします。
 本ブログ内記事 みたかNFSについて の趣旨にご賛同の方はどなたでも歓迎いたします。
 お気軽にお越しください。



秋も深くなりました。来年は11月例会を京都あたりで紅葉の下で開くのはどうでしょう?
下の写真は京都・叡山電鉄(比叡山や鞍馬に行く電車)の沿線です。

明日11月15日の例会(サロン)のご案内と、年末予定のご相談です。
皆様、お揃いでサロンにご参加ください。

image0.jpg


  <平成30年度 第7回 みたかNFS例会(サロン)のご案内>

日時:平成 30年 11月15日(木) 13時30分~16時00分 
場所:みたかボランテイアセンター 三鷹市上連雀 8-3-10 Tel 0422-76-1271

  プログラム 
① ひと言・自己紹介(全員)/はじめてご出席の方を囲んで
② 講話:日本人は第二次世界大戦を「どのように生きぬいたかー少年の目で見たもの」田島穆(きよし)先生
③ 聞いて・きいてコーナー:みなさんからのご報告と提案
・清原市長の『健康長寿の秘訣』の”いろはにほへと”と映画「ぼけますから、よろしく」への反応
・その他
④ お楽しみ会/勉強会
1) S さんご提供の動画
2)医療小噺:嗜銀顆粒性認知症について、( I さん)
3)懇談 時間まで 以上


年末・年始の予定(提案)
1) 12月と1月の例会(サロン)ならびに 昼どき・オレンジカフェは、恒例通り開催します。
サロン開催日はそれぞれ12月20日(木)と1月17日(木)です。早めに終了し、有志で祝杯を上げに行くのも可とします。昼どき・オレンジカフェは12月5日に開催します。
2) 忘年会は行いません。また、12月25日(火)の夕どき、12月26日(水)の駅前、および1月2日(水)の昼どき・オレンジカフェは休会とします。
3) 休会中もお電話・メールでのご相談を随時受承ります。遠慮なくご連絡ください。


 会場は、みたかボランテイアセンター(三鷹市上連雀8-3-10)の二階会議室です。文末のみたかボランテイアセンター案内図をご参照ください(大きな印)。




unnamed.gif

 ※主催者の都合により延期もしくは中止させていただく場合があります。
 

【聞いて】 介護の日と清原市長のスピーチ


今日、11月11日は10年前に厚労省が決めた「介護の日」です。ご存じでしょうか?
不覚にも本欄担当の私は知りませんでした。
実は、この日に相応しい素敵なお言葉を三鷹市長の清原慶子様からいただいておりました。
9月16日に三鷹市公会堂で催された「三鷹市・敬老のつどい」での市長祝辞に感銘し、その原稿をお願いしたところ高齢者支援課を通して快く頂戴したものです。題して『健康長寿の秘訣』の「いろはにほへと」です。下に紹介させていただきますので、どうかお読みください。きっといいご参考になります。

また、今週末の17日には「第7回 認知症にやさしいまち三鷹」が三鷹市市民協働センターで開催されます。13:00 開場、事前申込不要、参加費無料です。こぞってご参加ください。



『健康長寿の秘訣』の「いろはにほへと」

~平成30年度三鷹市敬老のつどいにおける三鷹市長祝辞から~
三鷹市長 清原慶子



 私は、毎月、99歳(白寿)以上の年齢の市民の皆様のお誕生月に、長寿のお祝いに敬老金を持参して訪問して、対話をしています。また、三鷹市シルバー人材センターや三鷹市老人クラブ連合会をはじめとする地域でご活躍のご長寿の皆様との対話の機会も多く得ています。そう対話の中から、『健康長寿の秘訣』を教えていただいていますが、その内容を、ぜひ、皆様と共有させていただければ幸いです。
 そこで、その内容について、「いろはにほへと」を頭文字とした言葉で、お話しさせていただきます。
 「い」で始まる言葉、それは「いきがい」です。ご長寿の皆様は、お一人おひとりが、それぞれに「いきがい」をお持ちです。手芸、編み物、歌や踊り、ウオーキングやスポーツ、朝夕に通学する子どもたちへの声掛け、庭の草花の世話、シルバー人材センターや老人クラブの活動、お祭りを含む町会等での活動、お孫さんや曾孫さんを含む家族との時間など、「いきがい」は私たちの毎日を支えます。今一度、ご自身の「いきがい」は何かを確かめて、意識してみてください。
 「ろ」で始まる言葉、それは「ロコモティブ・シンドローム予防」です。高齢になると、筋肉の力が衰えると言われています。骨ももろくはなりますが、身体の健康を保持するには、背筋を伸ばし体幹を支える全身や特に足腰の筋肉を鍛えることが有効です。そのためには、ラジオ体操、片足で立ってバランスを取る運動や手の握力を鍛える運動などのちょっとしたストレッチや運動で効果が上がります。三鷹市では平成29年度から、杏林大学付属病院長で整形外科がご専門の市村正一教授のご指導をいただきながら、三鷹市老人クラブ連合会、三鷹市社会福祉協議会と市の4者が共催して「ロコモティブ・シンドローム予防」の講座を開催しています。また、多様な介護予防の講座や自主グループがありますので、ぜひ、ご参加ください。
 「い」と「ろ」で「いろ」も大切です。10年前と比べてこの頃は、ご高齢の方も明るい色の服装が増えてきています。これは大切なことです。特に、雨や曇りの日、夕暮れ時や夜に外出するときは、車や自転車からもはっきり見えるような明るい色の洋服を着たり帽子をかぶったりすることで交通事故の防止にもつながります。
 「は」で始まる言葉、それは「歯の健康」です。私たちが若い頃は、「歯」と言えば「虫歯」が治療の主な対象でした。最近では「歯周病」が課題となっています。はぐき、歯肉の健康が注目されてきており、「8020運動」すなわち、80歳まで自分の歯を20本は残そうという運動も浸透しています。朝起きた後の歯磨きだけでなく、毎食後や眠る前に歯磨きを励行される方も増えています。歯に自信があれば、会話の際にも口を大きく開けることができますし、歯を見せて笑顔になる機会も増えますので、歯を大切にしていきましょう。
 「に」は、「にんじん」、「にんにく」、「肉」の「に」です。体を健康に保ち、筋力を保つためにも、栄養のバランスを考えた食事が有効です。最近では、ご長寿の方にお肉を食べている人が多いことも報道されています。栄養のバランスのとれた食事をとりましょう。
 「ほ」は、「ほっとする気持ち」と「ほほえみ」を大切に「歩」をすすめましょう。私たちは、心身ともに健康であることを願っています。けれども、毎日のくらしには緊張することもあります。そこで、できるかぎり心にゆとりをもって、「ほっとする気持ち」と「ほほえみ」を大切に、筋力維持の為に、一歩ずつ「歩」を進めましょう。最近では、「一日1万歩」を達成する必要はなく、むしろ歩きすぎるのは体に負荷をかけるので、3千歩でも、4千歩でも、ご自分のペースで毎日歩くことが大切だと言われています。
 「へ」は、何と言っても「平和」です。ご長寿の皆様のお蔭様で、三鷹市の、東京都の、日本の平和が戦後73年維持されています。お若いときに戦前戦中を過ごされ、戦後の復興を築かれてこられたご長寿の皆様に、心から感謝し、これからも、ご一緒に「平和」を継続していきましょう。
 「と」は、「時は金なり」、そして、「時」を活かすためにも、「ときめき」を大切にしていただければ幸いです。皆様は、青春時代の初恋や職業や趣味など様々な分野での初めての挑戦の際の「ときめき」を思い出されることがあると思います。また、お孫さんや曾孫さんに限らず、地域の若い世代に会い、話をしたり、敬老のつどいでの中学生ボランティアの支援を受けたりするときに、若い世代が切り拓く未来への「ときめき」を感じられるのではないでしょうか。人は、何かに感動し、「ときめく」ことで、一日一日が輝きを増すように思います。どうぞ、一日一日の「時」を活かすために、お一人おひとりの「ときめき」を大切にしていただくようにお願いします。
 以上、ご長寿の皆様から教えていただいた健康長寿の秘訣を「いろはにほへと」を頭文字にまとめました。
 「いきがい」を意識し、「ロコモティブ・シンドローム予防」に心がけ、安全確保の為に洋服等の「色」に配慮し、「歯」の健康に留意し、「にんじん、肉」などのバランスのとれた食事を摂り、「ほっとする気持ち」「ほほえみ」を大切に「歩」を進め、皆様で「平和」を維持し、お一人おひとりの「時」を活かす「ときめき」を大切にしていきましょう。

 皆様の益々の健康長寿を願っています。




 以上です。皆さん、ご参考になさってください。清原市長、ありがとうございました。

 文責:みたかNFS事務局 担当 石村